【たけしの家庭の医学】片鼻呼吸法のやり方、高血圧を予防改善!ぐっすり睡眠できる呼吸法!

★良かったらシェアしてください★

高血圧を予防改善する呼吸法

2018年9月11日の朝日放送テレビ「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、片鼻呼吸法のやり方についてご紹介します。教えてくれたのは、東京女子医科大学・市原淳弘先生。

高血圧は、塩分の摂り過ぎや運動不足などの他に、睡眠の質が原因となる可能性もあります。

そこで、名医が教えてくれたぐっすり眠れる呼吸法・効果をご紹介します☆

スポンサーリンク

睡眠の質が高血圧の新原因に!

高血圧とは、血管の壁にかかる圧力が高い状態のこと。

高血圧の状態が長く続くと、しなやかだった血管が硬くなってボロボロの状態になり

・心筋梗塞
・脳梗塞

といった病気のリスクを高めます。

従来から考えられてきた高血圧の原因としては、塩分の摂り過ぎや運動不足などですが、近年、睡眠の質が原因となることも分かってきました。

そこで今回は、

  • 睡眠の質がなぜ高血圧に繋がるのか
  • ぐっすり眠れる呼吸方法と効果

についてご紹介していきたいと思います。

なぜ睡眠の質が高血圧に繋がるのか?

塩分を排出しづらい人がいる

高血圧の主な原因は、塩分の摂り過ぎです。

血液中の塩分量が増加する

薄めようと水分が取り込まれて血液量が増加する

血管の壁にかかる圧力が高くなる

といった流れで血圧が上がるんですね。

そのため、塩分を控えれば血流が穏やかになり、血圧も下がります。

しかし、「減塩」や「運動」をしても高血圧をなかなか改善できない人は、塩分を体から排出しづらい(排塩しづらい)人の可能性があります。

いくら減塩しても、そもそも排塩する量が少なければ体内に塩分が残り、血圧が下がりにくくなってしまいますよね。

眠り方によって、塩分を排出できるかが変わる

塩分を排出しづらくなるかは、夜の眠り方によって変わります。

ストレスがあって良く眠れない人は、夜中にホルモンの一種「コルチゾール」が出続けており、塩分を使って血圧を上げようとしてしまうので、塩分を体外へ出しづらくなってしまいます。

つまり、ストレスなく熟睡することができれば、夜中に余分な塩分を排出できるわけですね。

睡眠の質を上げる呼吸法「片鼻呼吸」

睡眠の質を上げるためには、寝る前に副交感神経を高めるのが効果的です。
片方の鼻で呼吸する「片鼻呼吸」はゆっくりとした深い呼吸ができるので、副交感神経を高めてくれます。

スポンサーリンク

やり方はこちら。

  1. 片方の鼻を指でふさぎ、反対側の鼻で10秒程度かけて息を吸い込む
  2. 息を吸い込んだ方の鼻で、今度はゆっくりと吐き出す
  3. 反対側の鼻を指でふさぎ、同様に息を吸って吐く
  4. 左右交互に10分間程度行えばOK(寝る前に行う)

まとめ

今回は、高血圧を予防改善する「ぐっすり眠れる片鼻呼吸法」についてご紹介しました。

ストレスで熟睡できないと塩分が排出しづらくなり、結果、血圧がなかなか下がらないという悪循環に陥ってしまうんですね(>_<)

高血圧は様々な病気を引き起こすため、早めの対策が大切です。

下記記事でも高血圧の予防改善法をご紹介していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

オススメする関連記事

2018年9月10日のTBSテレビ「名医のTHE太鼓判」で放送された、『酢にんにく』のレシピについてご紹介します。酢には血圧・血糖値を下げる...
2018年7月30日「名医のTHE太鼓判!」で放送された、サバの水煮缶・納豆の高血圧予防効果、名医イチオシのレシピ』についてご紹介します。健...
2018年2月10日放送「ジョブチューン」の冬の病気を予防する最強の食べ物SPで、高血圧を予防・改善する食材が紹介されました!高血圧は、心不...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!