林先生が驚く初耳学 親と神経衰弱をする子供が東大に合格する!大切なのは遊ぶこと!

林先生が驚く初耳学 親と神経衰弱をする子供が東大に合格する!大切なのは遊ぶこと!

★良かったらシェアしてください★

神経衰弱

2018年8月5日「林先生が驚く初耳学」の白熱教室で放送された、子供を東大合格に導いた親の英才教育についてご紹介します。林先生曰く、子供の教育に大切なのは遊びであり、親と神経衰弱をする子が東大に受かるとのこと。

その考え方について下記でまとめます。

スポンサーリンク

東大に導いた親は、子供と神経衰弱をやっていた

以前、雑誌「プレジテント」の記者が、東大医学部に通う子供のお母さんに幼児教育の内容を聞いたところ、トランプで神経衰弱をやったという回答が多かったとのこと。

林先生自身も、子供の頃は神経衰弱をかなりやり込んだようですね。

実は、小学校に入るまでに、親と一緒にしっかり遊ぶことが大切なんです。

なぜ遊ぶことが東大合格に繋がるのか?

大人の約8割程度までの神経機能は、6歳までに発達すると言われています。

集中力や思考力の基礎も、ある程度はその年代までに発達すると考えられます。

それらの能力を培うためには、子供がやりたい遊びに親がどう付き合うかがポイント。

スポンサーリンク

例えば、子供がウルトラマンが大好きだったら、ウルトラマンの画像を載せたトランプを手作りして一緒に神経衰弱すると効果的です。

一緒に遊ぶ時間を習慣化させることが大切

神経衰弱さえすれば東大に受かる、ということではなく、大切なのは遊び方。

子供と一緒に遊ぶ時間を習慣化することが大切です。

例えば、「夕食後に2時間と決めて」子供としっかり遊ぶなど。

一緒に遊ぶ時間を習慣づけておくことで、「じゃあ今日は計算をやってみようか」など、自然に学習の時間にスライドさせることができるのです。

親が集中力が無ければ、子供も集中力が無くなる

子供はそもそもしつこいので、親が根気よく遊びに付き合うことで、集中力のある姿を見せることができます。

英才教育よりも大切なのは、親が子どものしつこさに付き合うこと

親が集中力が無ければ、子供も集中力がある子に育ちません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、子供を東大合格させるための英才教育についてご紹介しました。
まとめると・・・・・・

  • 東大に導いた親は、子供と神経衰弱をやっていた
  • 一緒に遊ぶ時間を習慣化することが大切
  • 英才教育よりも大切なのは、親が子供のしつこさに付き合うこと。集中力を親が見せることで、子供の集中力も培われる

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメする記事

2018年7月22日「林先生が驚く初耳学」で放送された、『目指すべきノートの書き方』についてご紹介します。林先生曰く、勉強ができる子のノート...

2018年5月20日放送「林先生が驚く初耳学」の白熱教室で、話題本『スマホが学力を破壊する(著者:川島隆太さん)』について紹介されました。こ...
2017年11月12日放送「林先生が驚く初耳学」で、東大生の親の9割が実践している『子供の学習能力を高める習慣』が紹介されました!ながらスマ...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!