たけしの家庭の医学 炭酸入浴剤で血管若返り!血管老化予防の自宅入浴法!花山温泉も効果的!

たけしの家庭の医学 炭酸入浴剤で血管若返り!血管老化予防の自宅入浴法!花山温泉も効果的!

★良かったらシェアしてください★

炭酸風呂

2018年7月24日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、『血管を若返らせる炭酸入浴法』についてご紹介します。夏は血管の老化に要注意。酷暑の夏だからこそ実践したい、自宅で簡単にできる血管若返りの炭酸風呂のやり方です。
温泉なら、冷たい炭酸泉である花山温泉がオススメです。

スポンサーリンク

夏は血管の老化に要注意!

今年の夏は、全国的に記録的な酷暑が続いていますよね。
それに伴い熱中症で救急搬送される人も増えていますが、その大きな理由の1つは脱水。

脱水は、熱中症だけでなく、血管の老化を進め脳梗塞のリスクも高めます。

花山温泉は、血管の老化予防に効果的

名医曰く、和歌山県にある花山温泉は血管の老化を止める効果がかなり期待できるとのこと。

花山温泉は、濃い茶色で冷たい温泉(プールの水と同じくらい)が特徴。
最初は冷たいと感じますが、5分後には皮膚が赤くなるほど温まります。

二酸化炭素は血流を良くしてくれる

花山温泉は二酸化炭素が含まれている炭酸泉であり、溶け込んだ二酸化炭素が毛細血管に入ることで、血管が広がり血流がスムーズになります。

すると、血圧の上昇が抑えられ、血管の老化防止&若返り効果が期待できます。

スポンサーリンク

実際、花山温泉に通う10人の血管年齢を計測したところ、全員血管年齢が若い(平均12歳)ことが判明しています。

冷たいお湯の方が炭酸濃度が高い

温度が高い炭酸泉もありますが、温度が低ければ低いほど炭酸濃度が高いことが分かっています。
これは、温度が高いと溶け込んだ炭酸が気化してしまうためです。

冷たい炭酸泉にはゆっくり長くは入れる

冷たい炭酸泉にはゆっくり長く入ることができるため、炭酸成分をさらに多く体内に取り入れることができます。
これにより、血流をスムーズにする効果をより高めることができます。

血管若返りに効果的な自宅入浴法は、冷たい炭酸風呂!炭酸入浴剤で簡単!

花山温泉には遠くて行けないという方も、冷たい炭酸風呂に入ることで、自宅で花山温泉を再現することができます(*^^*)

簡単にできるので、暑い夏に取り入れたい入浴法です。

ポイント

市販の炭酸入浴剤でも炭酸の効果で血管拡張を起こし、血管の若返りが期待できます。
冷たい温度にして、適度の時間入浴することもポイントです。

スポンサーリンク

  1. お風呂の設定を一番低い温度にしてお湯をはります。
  2. お湯をはってから1~2時間待ちます。
    手で触って少し冷たさを感じる33~35℃が適温です。

    これ以上低い温度にすると血管が収縮する可能性があるので注意!
  3. 市販の炭酸入浴剤を決められた分量入れます。
  4. 20分程度つかればOK!

まとめ

今回は、血管を若返らせる入浴法についてご紹介しました。
まとめると・・・・・

  • 血管の老化は、暑い夏こそ注意!
  • 和歌山県の花山温泉は、血管の老化予防に効果的
  • 血管若返り自宅入浴法は「冷たい炭酸風呂」。炭酸入浴剤を入れ、冷たい温度で20分つかることがポイント!

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

あなたにオススメする記事

2017年12月26日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、身体を老けさせない温泉が紹介されました。お正月にオススメの、血管年齢を下...

2017年10月25日放送「ソレダメ!」は、箱根温泉で若返りSP!!肌年齢が若返る日帰り温泉最強のまわり方「落とす・めぐる・補給」の新常識は...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!