名医のTHE太鼓判 もち麦は内臓脂肪の激減させる最強食材!たった10日間で大幅改善!

★良かったらシェアしてください★

もち麦ダイエット

2018年6月9日放送「名医のTHE太鼓判」で放送された、内臓脂肪を予防・改善する『もち麦」の効果をご紹介します。教えてくれたのは、管理栄養士・浅野まみこ先生。もち麦は、内臓脂肪を激減させる最強の食材。たった10日間で、大幅に内臓脂肪を改善してくれます。

手軽に購入できるので、日常生活で取り入れたい食材です。

スポンサーリンク

内臓脂肪の原因・リスクとは?

内臓脂肪は万病の元。

内臓脂肪は内臓を固定するためにある程度は必要なものですが、増えすぎると糖尿病・高血圧・脂質異常症・心筋梗塞・がん・認知症など、様々な病気のリスクを高めます。

そして、太っていなくても要注意!
隠れ肥満の人は約910万人にものぼります。

内臓脂肪は加齢とともに増えていき、20歳以降に増えた体重はほぼ「脂肪」です。

もち麦は、内臓脂肪を激減させる最強食材!

もち麦には食物繊維(水溶性食物繊維・不溶性食物繊維の両方)が豊富に含まれており、その含有量は100gあたり13g。

これは、ゴボウの2倍、白米の26倍になります。

特に注目すべきは、水溶性食物繊維の「βグルカン」。

「βグルカン」は体内で水分を吸収するとゲル状に変わり、余分な糖質・脂質の吸収を抑え、体外に排出してくれる働きが期待できます。

また、もち麦は内臓脂肪を減らすだけでなく、便を柔らかくし便秘解消にも効果的です。

もち麦の食べ方

最も簡単な食べ方は、白米と混ぜて炊くこと。
白米ともち麦の割合を7:3にすると、麦独特の臭みが無くなるためオススメです。

その他、もち麦の五平餅(山椒味噌で味付けする)、もち麦団子(もち麦をすり潰して練ったもの)など、色々と活用することができます。

調理が面倒くさい方には、電子レンジで温めるだけのもち麦ごはんがオススメです。

さらに、管理栄養士オススメの3分で作れる「もち麦雑炊」レシピも必見です。

2018年6月9日放送「名医のTHE太鼓判」で放送された、内臓脂肪を予防・改善する『もち麦雑炊のレシピ」をご紹介します。教えてくれたのは、管...

スポンサーリンク

まとめ

今回は、内臓脂肪を改善する「もち麦」の効果・食べ方についてご紹介しました。内臓脂肪が増えると様々な病気に繋がるため、早めの対策が必要です。もち麦は手軽に取り入れられるので、皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!