得する人損する人 激安スーパーの本当にお買い得な商品・危ない商品とは?肉・野菜・魚

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
激安スーパーの商品

2018年7月5日「得する人損する人」で放送された、一流シェフが激安スーパーの品質を辛口チェックした内容についてご紹介します。価格が安いのは嬉しいですが、やはり気になるのが品質や鮮度ですよね。

木下シェフ・北山シェフ・入江シェフが教えてくれた、安心して買える本当にオトクな肉・野菜・魚の目利きワザをまとめています。

スポンサーリンク

鮮魚コーナー

鮮魚売り場で、尾頭つきの魚が売っている、また、今の時期は海藻を扱っている場合、旬のものを扱っているスーパーなので新鮮な魚が期待できる。

ぶり

ぶりは、血合いの色がきれいな赤なら鮮度が良い。黒いものはNG。

小あじ

小あじは、袋詰めの魚のサイズがバラバラなら鮮度が高い証拠。
サイズがバラバラなのは、市場で選別前の新鮮な魚の箱を仕入れているため。

解凍品

解凍品は、パックにシートが敷いていないものはNG!
シートが無いと、ドリップが出た時に臭みが魚に戻ってしまう。

スポンサーリンク

人参

人参は、ヘタが小さい方が甘い。

大根

大根は、毛穴が先端に向かって真っすぐ並んでいれば、栄養が行きわたっている証拠。
逆に、毛穴の並びが斜めになっているものはNG。

トマト

トマトは、おしりに放射線状の線が入っているものが甘いもの。
完熟でも、この線が入っていなければ甘くないものもある。

お肉コーナー

精肉コーナーでは、まずミンチ肉の鮮度をみると信頼できるかが分かる。

新鮮なミンチ肉は、色が同じになっている。
色が違うものがポツポツ入っていると、安い内臓でカサ増ししている証拠。

また、内臓が豊富に販売されていれば信頼できる。

外国産の肉

外国産の肉は、ブランド豚なら肉質は国産にもひけをとらないのでOK!
ブランド豚は、基準を設けて飼育しているもの。

国産の肉

国産の肉でも、身が赤黒くうっ血したお肉はNG!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、一流シェフが激安スーパーのお得情報を検証した内容をご紹介しました(*^^*) 価格が安いには越したことはありませんが、やはり気になるのが品質。本当にオトクな商品と避けた方が良い商品を知っておけば、安心してお買い物ができますよね。皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!