名医のTHE太鼓判 ハーバード式呼吸法(478呼吸法)のやり方!心臓の病気予防!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
心臓の病気予防

2018年6月4日放送「名医のTHE太鼓判」で紹介された、リラックス効果のある『ハーバード式呼吸法(478呼吸法)』についてまとめています。緊張・疲れ・ストレスなどで心拍数が早くなると、心臓の老化を早めます。ハーバード式呼吸法は、19秒でリラックスして心拍数を落ち着かせることができるため、寿命を延ばすことにも繋がります。

スポンサーリンク

心拍数が多すぎることによるリスクとは?

健康な人の場合、1日の総心拍数は平均で約10万回。
安静時に多すぎたり少なすぎたりすると、病気が潜んでいる可能性があります。

緊張・疲れ・不安感・ストレスなどによって心拍数は早くなりますが、心拍数が早くなると十分に血液を送り出せなくなり、血圧が低下したり、息切れやめまいなどを引き起こします。

また、どんな動物でも一生で心臓が拍動する回数は決まっており、その回数は約7億回。
そのため、心拍数が多いほど心臓を無駄使いしていることになり、心臓の老化に繋がります。

ハーバード式呼吸法(478呼吸法)のやり方

息を止めてからゆっくり吐くと副交感神経が優位になり、リラックスして脈拍数を低下させる効果が期待できます。

過度に緊張した時など、心拍数が上がった時にハーバード式呼吸法を行うことで、心拍を落ち着かせることができます。

①4秒かけて鼻から息を吸います。

②7秒息をとめます。

③8秒かけて口からゆっくり吐きます。

4回繰り返せばOK!





まとめ

今回は、心臓の病気(老化)を予防するハーバード式呼吸法法についてご紹介しました。心臓が老化すると、心不全などによる死亡リスクが高まります。いつまでも健康でいるためには早めの対策が大切です。下記でも心臓の老化を防ぐ対策法をまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。

あなたにオススメする記事

2018年5月15日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心不全を劇的に減少させる心臓老化ストップ物質『ケトン体』と、ケトン体を増や...
2018年4月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞から身を守る毛細血管の機能をアップさせる栄養素『タウリン』が紹介さ...
2018年4月26日放送「主治医が見つかる診療所」で、心筋梗塞・脳卒中を防ぐ食べ物『アオサ』のレシピが紹介されました。心筋梗塞のリスクが3割...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!