世界一受けたい授業 レジェンド葛西の疲れない体の作り方!葛西式メソッド!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
疲れない体

2018年5月26日放送「世界一受けたい授業」で、『疲れない体』の作り方をレジェンド葛西紀明さんが伝授。45歳で人生のピーク・最高の成果を出し続ける葛西紀明さんならではの、下半身強化トレーニングのやり方(葛西式メソッド)で、誰でも実践できます。

スポンサーリンク

疲れない体を作るポイントは?

疲れない体をつくる最大のポイントは、代謝を上げること。

スポーツでも仕事でも、パフォーマンスが発揮できなくなる理由は「疲れ」であり、基礎代謝が上がれば疲労物質を体外へ排出することができます。

葛西式メソッドの基本は、基礎代謝を上げることです。

「疲れない体を作る」葛西式メソッド① 姿勢

頭の重さは体重の約10%もあり、これはボーリングの球1個分程度です。

背筋が伸びた正しい姿勢であれば負担はほぼありませんが、姿勢が悪いと首や肩に大きな負担がかかります。

正しい姿勢を維持するためには「体幹」を鍛えることが必要です。

■体幹トレーニングのやり方

葛西式メソッド1
①仰向けになり、両ひざを立てます。

②へその1cm下を1cm程度へこませ、力を入れます。

③上半身をゆっくり起こし、へそが見えたら3秒キープします。

④ゆっくり息を吐いて体を戻します。

寝る前に5回行えばOK!





「疲れない体を作る」葛西式メソッド② 下半身強化トレーニング

下半身は全身の筋肉の約7割が集まっており、下半身の筋肉を鍛えることで代謝が上がります。

■スキージャンプスクワットのやり方

葛西式メソッド2
①足を肩幅に開き、頭の後ろで手を組みます。

つま先とひざは正面に向けます。

②ひざがつま先よりも前に出ないように、お尻を突き出す感じで10秒かけてゆっくり腰を落とします。

③お尻がひざの位置より下がったら、10秒かけてゆっくり元に戻します。

1セット5回、1日3セット行えばOK!

■テレマークスクワットのやり方

葛西式メソッド3
①手を腰に当て、前後に足を開きます。

②バランスをとりながら、5秒かけてゆっくりとひざを落とします。

③ひざが床につく直前で5秒キープします。

④10秒かけてゆっくり元に戻します。

左右交互に5回ずつ、1日3セット行えばOK!

折れやすい心を作る「レジェンド・プレス」のやり方

折れやすい心を作る最大の敵は、ストレスです。

レジェンド・プレスを行えば、15秒でストレスを解消することができます。
重要な仕事やテストの前などに行うと、緊張もほぐれ本来の力を発揮できます。




①鼻からめいっぱい息を吸います。

②さらに息を吸います。

③5秒間息を止め、歯の隙間からゆっくり息を吐き出せばOKです。

まとめ

今回は、葛西紀明さんが教えてくれた「疲れない体の作り方」をご紹介しました。30歳で現役を引退する人が多い中、葛西紀明さんは40歳を過ぎても最高の成果を残し続ける、まさにレジェンド的な存在。そんなレジェンドが教えてくれた方法は説得力がありますし、簡単なのですぐにでも取り入れていきたいですよね(*^^*) 

若さに頼らず、40歳を過ぎても強い体と心でいるためにも、皆さんも今回の内容を是非参考にしてみてくださいね。




葛西紀明さんの著書

葛西紀明さんの著書「40歳を過ぎて最高の成果を出せる疲れない体と折れない心のつくり方」です。
誰でも日常でできる、無理なく心身を鍛える超現実的ノウハウが詰まっています。

(モバイル端末における高速表示「AMPページ」でご覧になっている方は、下記画像がぼやける場合がございます)

10歳若返ることができるという、葛西紀明さん独自の下半身ストレッチ「レジェンド・ストレッチ」のやり方が紹介されています。
普段運動をしていない人でも短い時間で手軽にできます。

あなたにオススメする記事

2018年4月20日放送「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、ベストセラー本『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(著者:小林弘幸先...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!