【たけしの家庭の医学】断食でケトン体を増やし心臓老化防止!心不全予防!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
心臓老化防止

2018年5月15日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心不全を劇的に減少させる心臓老化ストップ物質『ケトン体』と、ケトン体を増やす方法『断食』のやり方・効果が紹介されました。

突然死の約6割は心臓の病気が原因。心臓の老化を予防することが、心不全や突然死の予防に繋がります。心臓をいつまでも元気に維持するための、様々な対策法をまとめています。

スポンサーリンク

心臓老化ストップ物質「ケトン体」とは?

病院

最も権威ある医学誌に掲載された論文において、「ケトン体」が心臓の老化を防ぎ心不全などによる死亡リスクを約4割減少させることが発表されました。

「ケトン体」は誰でも体内(肝臓)で作り出している物質で、心拍数を下げる働きがあり、心臓の老化を予防してくれます。

実は、どんな動物でも一生で心臓が拍動する回数は決まっており、その回数は約7億回。

つまり、心臓の老化予防に重要なのは「心臓の拍動の速さ」であり、無駄な拍動を減らす事が老化を止め心臓を長持ちさせるカギなのです。

「ケトン体」は全ての人の体内に存在しますが、生活習慣などで「ケトン体」の多い人と少ない人に分かれます。

「ケトン体」が多い人と少ない人で、心臓の拍動数の差は?

心臓

健康な人の場合、1日24時間の心拍数の合計は約10万回。

この心拍数より少なければ少ないほど心臓は健康で長持ちと言え、多ければ多いほど心臓は無駄打ちし老化しやすいと言えます。

ケトン体が多い人と少ない人で、1日の心臓の拍動数の差にどれだけ違いがあるかを番組内で検証したところ、ケトン体が多い人は9万7千回、ケトン体が少ない人は12万回以上となり、差は2万回以上にものぼりました。

ケトン体の多い人は、心拍数が上がっても早く下がります。
また、就寝中も心拍数がしっかり下がることで、心臓の負担を減らして老化を防いでくれる効果が期待できます。




ケトン体を大量に出す方法と効果は?

心臓2

心臓を長持ちさせる物質「ケトン体」を多く出す方法とは、ずばり断食。

口にできるのは、人参・リンゴをミキサーで攪拌したジュースのみです(1日3回)。

実際、番組ディレクター(45歳)が2日間の断食を行ったところ、断食前はケトン体の量は「51」だったのに対し、断食後は「4665」と90倍以上にも増加しました。

実は、ケトン体の生産を左右するのは体内の糖分の量。

糖分は体を動かすためのエネルギー減として使われていますが、断食などで体内の糖分が少なくなると、糖分に変わるエネルギー減として肝臓でケトン体が作られるようになるのです。

とは言え2日間の断食は簡単なことではないため、名医がオススメするのは「夜のプチ断食」。
夕食後は食べ物を一切口にしないようにすることで(おやつなどを食べない)、ケトン体を増加させることができます。

番組内で被験者に5日間プチ断食を行ってもらったところ、「19」だったケトン体の量は「497」に上昇しました。




心臓老化物質を減らす「のび」

心臓老化を予防するには、座る時間を減らし定期的に「のび」をすることも効果的です。
実は、心臓老化の新たな危険因子として近年注目されているのが「心臓老化たんぱく質」。

心臓老化たんぱく質が過剰に増加すると、心機能低下だけでなく動脈硬化・しわ・がんの発生リスクも上がります。

詳細は下記記事でまとめています。

2018年4月3日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞のリスクを上げる心臓老化物質の新原因『心臓老化たんぱく質』と、それを...

心臓老化を予防するには、毛細血管を元気に!

心臓を老化させないためには、血液を送る毛細血管を元気に保つことも重要です。
冠動脈が詰まっても助かる可能性があります。

■タウリン

タウリンは、毛細血管の機能をアップし心臓を老けさせない栄養素です。

2018年4月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞から身を守る毛細血管の機能をアップさせる栄養素『タウリン』が紹介さ...

■ブルーチーズ&血管マッサージ

血管年齢を若返らせるためには、一酸化窒素を増やすことが効果的。
ブルーチーズの摂取や血管マッサージが有効です。

2018年3月24日放送「ジョブチューン」の”TVを観ながら病気の危険度チェックSP”で、突然死の要因となる『血管年齢が分かるチェック法』や...

■卵、粉チーズ、ゴマ

動脈硬化を進行させ血管を老化させる主な原因の1つに、亜鉛不足があります。
卵・粉チーズ・ゴマは、亜鉛が豊富に含まれておりちょい足ししやすい食材です。

2018年1月23日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の3つの老化ストップ法で、血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素『亜鉛』が...

■レバー、海苔

ビタミンB6・葉酸・B12は、血管の老化を防いでくれる栄養素です。
レバー・海苔はこれらの栄養素を豊富に含んでいます。

2017年11月14日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞・動脈硬化を予防するビタミンが紹介されました!そのビタミンを豊富...



まとめ

今回は、様々心臓老化予防法についてご紹介しました。突然死は今注目されている病ですが、決して他人事ではなく誰にでも起こりうるものです。その約6割は心臓の病気が原因となっているため、早い段階から心臓を老化させない対策を心がけていくことが大切です。今回ご紹介した内容を是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!