【ジョブチューン】舞茸で血糖値スパイクを予防・改善!血糖値スパイクなりやすさチェック法も!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
血糖値

2018年3月24日放送「ジョブチューン」の”TVを観ながら病気の危険度チェックSP”で、血糖値スパイクを予防・改善するのに効果的な食べ物「舞茸」が紹介されました。突然死のリスクを高める血糖値スパイクになりやすいタイプかどうかのチェック法も必見です。

スポンサーリンク

血糖値スパイクとは?

血糖値スパイク

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のこと。
血糖値スパイクとは、空腹時は正常な血糖値であるものの、食後は140mg/dl以上に急上昇することを指します。

血糖値スパイクが起こると、急激に増えたブドウ糖によって血管が傷み、最悪の場合、脳卒中・心筋梗塞・がんに繋がると言います。

血糖値スパイクになりやすいタイプかのチェック法

血糖値スパイクが起こりやすいかは、普段の食生活・ライフスタイルに起因することが多いそうです。
下記項目をチェックし、該当数が4つ以上の人は要注意とのことです。

●朝食を食べない
●食べるのが早い
●野菜をあまり食べない
●甘いものをよく食べる
●お腹が出ている
●普段運動をしない
●睡眠時間6時間以下の日が週3日以上ある
●家族・親族に糖尿病の人がいる





血糖値スパイクを予防する成分とは?

血糖値スパイクを予防するために、重要な成分が2つあると言います。

まずは、食物繊維。
食物繊維は小腸での糖の吸収を緩やかにし、血糖値の急上昇を防ぐ効果が期待できるそうです。
1日の摂取目安量は、20g以上です。

また、MX-フラクションも血糖値スパイクを予防する成分。
MX-フラクションは、血糖値を抑えるインスリンの働きを良くしてくれるそうです。

血糖値スパイクを予防できる食べ物「マイタケ」

舞茸

マイタケには、食物繊維・MX-フラクションの両方が豊富に含まれています(MX-フラクションが唯一含まれている食べ物)。

1日の摂取目安量は約50g。
MX-フラクションは水に溶けやすいため、舞茸を入れた味噌汁がオススメとのことです。




朝食時に1番最初に食べると、1日の食後の血糖値の急上昇を予防できるため、朝食に摂ると良いそうです(汁ごと全部飲むのが大切)。

尚、血糖値を上昇させないためには、食べる順番も大切。
野菜類(特にブロッコリー・舞茸)を最初に食べ、そのあと肉・魚・卵などを食べると良いそうです。

まとめ

今回のテーマは、食後血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」の予防・改善法についてでした。効果的な成分の1つ「MX-フラクション」は舞茸にしか含まれていないため、舞茸の摂取が大切ですね。下記記事でも高血糖を防ぐ方法をまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

高血糖予防に関するオススメ記事

2017年11月14日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、血糖値を改善し高血糖を予防する食べ物の色が紹介されました!糖尿病の発症リ...



2017年11月16日放送「主治医が見つかる診療所」の『血糖値&体の糖化を防いで10歳若返るぞSP』で、糖化を防ぐレシピが紹介されました。必...
2017年11月16日放送「主治医が見つかる診療所」の『血糖値&体の糖化を防いで10歳若返るぞSP』で、血糖値が上がりにくい食事方法や、体の...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!