【ジョブチューン】ブルーチーズ・血管マッサージで血管年齢若返り!血管年齢チェック法も!突然死を防ぐ!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
突然死

2018年3月24日放送「ジョブチューン」の”TVを観ながら病気の危険度チェックSP”で、突然死の要因となる『血管年齢が分かるチェック法』や、血管年齢を若返らせる「ブルーチーズ」・「マッサージ法」が紹介されました。必見です。

スポンサーリンク

突然死とは?

医者

突然死とは予期していない「突然の病死」のことで、発症から24時間以内に亡くなった場合のことを言います。

現在、全死亡者数の約1割が突然死で亡くなっており、その約6割が心臓の病気とのこと。
突然死は、誰にでも突然起こりうる恐ろしい病です。

突然死の危険度チェック

突然死

突然死の危険性は、普段の生活や性格から分かるそうです。
下記項目をチェックし、該当数が5つ以上あった人は「要注意」とのこと。

ストレスを感じやすく生活習慣が乱れがちな人であるため、血圧や心拍数が上がるケースが多くなり、心臓に負担がかかってしまうそうです。
血管が硬くなる動脈硬化のリスクも高くなるそうです。

●使命感が強く生真面目

●あがり症で人前だと緊張する

●食べるペースが他の人よりも早い

●脂身の多い肉料理や脂肪分の多い揚げ物が好き

●太ってお腹が出ている

●お酒を毎日のむ

●運動をする習慣がない

●生活が不規則で平均睡眠時間が5時間未満

●タバコを吸う

●熱いお風呂やサウナが好き





突然死を招く危険な病気「急性心筋梗塞」とは?

心筋梗塞

突然死で最も多い病気が「心臓の病気」ですが、中でも「急性心筋梗塞」が危険だと言います。

心臓の筋肉に血液を送る重要な血管「冠動脈」が、動脈硬化によって狭くなり血栓などが詰まると、血流が完全に停止してしまいます。
その結果、心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなって壊死が起こり、心筋梗塞に繋がります。

冠動脈が詰まる場所が悪ければ、心臓が急停止し、数分以内に突然死に至る急性心筋梗塞に繋がる可能性があるとのことです。

心筋梗塞の前兆「狭心症」とは?

狭心症

名医曰く、「狭心症」を経て心筋梗塞に至るケースが多いとのこと。
狭心症とは、冠動脈が狭くなり心筋に血液が不足した状態のことで、進行すると心筋梗塞に繋がる可能性が高いと言います。

狭心症の代表的な症状は、胸が締め付けられるような圧迫感を伴う痛み。

しかし、腹部・背中・肩・腕・下あご・歯・喉など、心臓から半径30cmの箇所に出る関連痛も多く見られるそうです。

これは、脊髄付近で他の部位の神経と同じ束となるため、心臓の痛みを別の箇所の痛みと脳が勘違いすることが原因。
運動に伴って痛みが出る場合、狭心症であるケースが多いと言います。





心筋梗塞を起こしやすい3大危険因子とは?

危険因子

心筋梗塞を招く危険因子はいくつかありますが、中でも3大危険因子と言われているのが、高血圧・禁煙・脂質異常症。
1つでも該当する場合、心筋梗塞になるリスクは通常の人の約2倍になり、2つ該当すると約5倍、3つ該当すると約10倍にもなると言います。

突然死に繋がる「血管年齢危険度」チェック

突然死の原因となる「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの心臓の病気のリスクを減らすためには、動脈硬化の進行を抑えることが重要。
そのためには、血管年齢を若く保つことが大切です。




血管は年齢と共に硬くもろくなっていく性質を持っており、血管年齢が高ければ高いほど、心筋梗塞・脳梗塞、さらには高血圧・糖尿病のリスクが高まると言います。

下記項目をチェックし、該当数が4つ以上ある人は「要注意」とのことです。

●お腹がいっぱいになるまで食べてしまう

●味の濃い料理が好き

●就寝前2時間以内に食事をしたりお酒を飲んだりする

●以前と比べてかなり太った

●休日は家でごろごろして運動はあまりしない

●せっかちでイライラしやすい

●親や兄弟に心臓病や脳卒中になった人がいる

突然死を防ぐ!血管年齢を若返らせる食べ物「ブルーチーズ」

ブルーチーズ

突然死を防ぐためには血管年齢を若返らせることが重要であり、血管年齢を若返らせるためには、血液中に「一酸化窒素」を増やすことが効果的。

一酸化窒素は、血管を柔らかくして広げる作用があるため、血流が良くなり老廃物が付着しづらくなるそうです。

一酸化窒素を増やすのに効果的な成分は「LTP(ラクトトリペプチド)」。
そして、LTPを豊富に含んでいるのが、ブルーチーズです。

ブルーチーズの1日の摂取目安量は、30g。

ブルーチーズには100gあたり46mgのLTPが含まれていますが、チェダーチーズにも40mg含まれているため、ブルーチーズが苦手な人はオススメとのことです。





血管年齢を若返らせる「血管マッサージ」

血管マッサージ

血管に外から刺激を与えることで一酸化窒素が出てくるため、血管年齢若返りに効果的とのことです。

①左手を鎖骨下の右胸に当て、手の平で胸の筋肉を上下左右にマッサージするように揉みほぐします。

②1分間行ったら、右手で左胸のマッサージを1分間同様に行います。

③次に、腕の内側を手首から肘にかけて、イタ気持ちいい強さで揉めばOK!
★左右の腕を、それぞれ1分間行う

まとめ

今回のテーマは、突然死を予防するための手軽に血管年齢を若返らせる方法についてでした。年間、約10万人が命を落とすと言われている突然死。ブルーチーズもしくはチェダーチーズの毎日の摂取や、血管マッサージを行うことで、血管年齢を若返らせる突然死を防ぐことができます。下記記事でも血管年齢を若返らせる方法をまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

血管年齢を若返らせる方法に関するオススメ記事

2018年2月27日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、血管を若返らせる『手の握力』について紹介されました。血管の老化と握力の関連...



2017年11月9日放送「主治医が見つかる診療所」の『血管を柔らかくして、見た目も中身も若返るぞSP』で、血管年齢を若返らせる血管ストレッチ...
2018年1月23日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の3つの老化ストップ法で、血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素『亜鉛』が...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!