【この差って何ですか】横向き寝でイビキ・睡眠時無呼吸症候群解消!下あごが小さい人は要注意!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠

2018年3月13日放送「この差って何ですか?」で、危ないイビキ&睡眠時無呼吸症候群になる人ならない人の差と、対策方法が紹介されました。原因は、加齢や肥満だけでなく、女性にも多い『下アゴの形』。病気を防ぎ健康を維持するためにも必見です。

スポンサーリンク

いびきの原因とは?

睡眠

いびきをかく人の割合は、20歳なら約20%、60歳なら約60%と、年齢に比例して割合が増えていくと言われているそうです。

いびきの原因は、ずばり、寝ている時に舌がノドに垂れること。

舌が垂れると気道が細くなり空気の流れが悪くなるため、呼吸に伴う空気が振動してイビキになるとのことです。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠

いびきをかく人は、睡眠時無呼吸症候群の危険性があると言います。
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に『10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上』ある人のこと。

睡眠時に舌が完全に落ち込み気道を塞いでしまうと、空気が遮断され睡眠時無呼吸症候群になります。

空気が遮断されると心臓に酸素が行き届かなく無くなるため、心筋梗塞・脳卒中などを発症するリスクが生じ、最悪の場合突然死の可能性もあるとのことです。





舌が垂れる原因とは?

口

舌が垂れる原因は、3つあると言います。

■加齢

加齢により、舌の位置を正常に保つ筋肉「舌筋」が衰え、喉の奥に垂れてしまうそうです。

■肥満

体重が増えると舌も太り重くなるため、支え切れなくなり喉の奥へ垂れてしまうそうです。

■下あごが小さい

下あごが小さい人は、舌を収めるスペースがもともと狭いため、気道を塞ぎやすいそうです。
そのため、小顔の人は睡眠時無呼吸症候群を起こしやすいとのことです。

いびき・睡眠時無呼吸症候群の対策法とは?

睡眠

重症の人ならCPAP療法が有効。
鼻に専用マスクを装着し、鼻から空気を絶えず送り続けることで、空気の圧力で舌を持ち上げ強制的に気道を確保するものです。

軽症の人は、「横向きで寝る」ことで8割の人がイビキが半減するとのことです。
就寝中に横向きを維持するためには、リュックサックを背負って寝たり、片側にだけ小さな照明を置くと良いそうです。




まとめ

今回のテーマは、危険ないびき&睡眠時無呼吸症候群でした。睡眠時無呼吸症候群は、放置しておくと心疾患や脳卒中に繋がる危ない病気。寝ている間のことは自分では気づかないため、周囲の人にチェックしてもらうことが大切ですね。下記記事でもいびき・睡眠時無呼吸症候群に関する記事をまとめていますので、健康を維持するために是非参考にしてみてくださいね。

いびき・睡眠時無呼吸症候群に関する記事

2017年11月14日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、認知症になりやすい危険な睡眠について紹介されました。危険な寝方を解消する...



2017年12月2日放送「チョイス@病気になったとき」で、睡眠時無呼吸の治療・対策方法が紹介されました。眠っている間にきちんと呼吸ができてい...
2017年10月24日放送「ごごナマ オトナの遊び場」の『イケメンDr. オトナのカラダ悩み相談室』で、睡眠時無呼吸症候群について浜口玲央医...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!