【あさイチ】つっぱり棒の正しい設置法・固定できる裏技!バネ式・ジャッキ式

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
つっぱり棒

2018年3月13日放送「あさイチ」のスゴ技Qで、つっぱり棒の使いこなし術が紹介されました。伸縮可能で様々な場所に固定できるつっぱり棒は、クローゼットや押し入れなどの収納や、間仕切りのカーテンの取り付けなどに便利。しかし、設置したつっぱり棒が落ちてしまったり、壁に跡をつけてしまったりと、なかなかうまく使えないケースもありますよね。

そこで今回は、つっぱり棒の特徴を知り尽くすプロが正しい設置の仕方・固定できる裏技などを伝授!必見です。

スポンサーリンク

つっぱり棒の落ちる原因&正しい付け方とは?

つっぱり棒が落ちてしまう原因として、正しい取り付けをしていない可能性があると言います。
正しい設置の仕方をプロが教えてくれましたのでご紹介します(説明書にも記載してあるそうです)。

■バネ式つっぱり棒

バネ式

多くの人は、回して棒を伸ばしながらつっぱらせていますが、この設置の仕方だと強度が不足してしまうとのこと。

<正しくはこちら>
①取り付けたい壁の間隔よりつっぱり棒を長く引き出します。
★どれだけ長くするかは商品によて違うので、説明書で要確認

②壁の片側に棒を押し当て、棒の中のバネを縮ませながらもう片側を押し込み、つっぱらせればOK!
★この取り付け方なら、バネが十分に縮んで固定されるため強度がある
★細い方のパイプから押し当てると取り付けやすい

■ジャッキ式つっぱり棒

ジャッキ式

ジャッキ式つっぱり棒の場合、長さを固定するネジの締め方が重要ポイント。
ネジはどれだけ固くてもネジの根元近くまで回し切るのが正しい設置の仕方です。

太い方のパイプに付いているネジは先端がキリ状になっており、細いパイプに貫通させることで固定させることができるそうです。





つっぱり棒の耐荷重は要注意!

つっぱり棒の「耐荷重」は一定ではなく、棒を伸ばすと減るそうです。
そのため、つっぱり棒を選ぶ際は、使用用途・場所を考慮しながら耐荷重のチェックをすると良いそうです。

これで落ちない!つっぱり棒を固定する裏技

プロ曰く、引っ掛かりをつくればつっぱり棒をしっかり固定できるとのこと。
ホームセンターなどで購入できるアイテムを使います。

■粘着フック

クローゼットの側面に使うと便利です。

①設置する側面の両端に、粘着フックを同じ高さになるよう取り付けます。

②粘着フックに引っ掛けるように、つっぱり棒を取り付けます。

③あとは、S字フックやクリップをつっぱり棒に引っ掛ければ、バッグやストールなどを吊り下げられるようになります。

■ワイヤーネット

洗面台下の収納スペースに使うと便利です。

①設置する側面に粘着フックを4つ取り付け、ワイヤーネットを立てかけるように設置します。
★両側面行う

②あとは、ネットの網目につっぱり棒のヘッドを引っ掛けてつっぱらせればOK!
★壁が弱くても安心

■魚の目パッド

のれんやカーテンを吊るすのに便利です。

①のれんやカーテンを通したつっぱり棒のヘッドのキャップを外し、魚の目パッドを通してキャップをはめます。
★パッドのシール面を外側にする
★両側行う

②設置したい壁につっぱり棒を付けたら、魚の目パッドを広げながら壁に貼り付ければOK!




まとめ

今回のあさイチのテーマは、つっぱり棒の活用術でした。私もつっぱり棒はいくつか持っているものの、すぐに落ちてしまって結局使わずに放置していました(;´∀`) しかし、正しい設置の仕方や固定できる方法が分かれば、こんなに便利なグッズはないですよね! 同じようにつっぱり棒の使い方で困っていた方は、今回の内容を是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!