【林修の今でしょ講座】ヨーグルトでがん抑制・免疫力UP!栄養を最大限に摂る食べ方!

★良かったらシェアしてください★

ヨーグルト

2018年3月6日放送「林修の今でしょ!講座」で、健康長寿が良く食べる発酵食品『ヨーグルト』の健康パワーが紹介されました。がん抑制効果や免疫力UPなどのヨ―グルトの力や、ヨーグルトの栄養を最大限に摂取できる医学的に正しい食べ方など、必見です。

スポンサーリンク

健康長寿が良く食べる3大発酵食品「ヨーグルト」の健康パワーとは?

ヨーグルト2

健康長寿1000人が良く食べる3大発酵食品の1つ「ヨーグルト」。
ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に入っていますが、特に注目すべきはビフィズス菌。

大腸にはビフィズス菌が多くおり(ビフィズス菌と乳酸菌の割合は、99.9:0.1)、最新の研究で、ビフィズス菌にがん抑制効果が期待できることが判明したと言います。

また、人の身体の免疫力は腸に直結しているため、善玉菌を悪玉菌より増やすことで腸を若々しく保てる(免疫力を維持できる)と言います。

善玉菌の数は加齢やストレスで減るため、善玉菌を増やすにはヨーグルトが効果的とのことです。





医学的に正しいヨーグルトの食べ方

ヨーグルト3

■栄養を最大限にとるための、ヨーグルトを食べるタイミング

栄養を最大限にとるなら、食事の後にヨーグルトを食べると良いそうです。
ビフィズス菌は胃酸に弱いため、胃酸が多い空腹時は菌が死にやすいとのことです。

■ビフィズス菌をより活発にする方法

ビフィズス菌をより活発にする方法は、温めて食べる。
ビフィズス菌は40℃くらいで増えるため、ホットヨーグルト(電子レンジ500Wで40秒)にすると良いそうです(60℃になると菌が死ぬので要注意)。

尚、ビフィズス菌は食物繊維があるとより活性化するため、フルーツと一緒に食べるとより効果的。

名医オススメの食べ方は、食物繊維豊富な「バナナ」・「きな粉」、オリゴ糖が含まれる「はちみつ」をヨーグルトと組み合わる食べ方。
栄養も美味しさも抜群とのことです。




まとめ

今回は、ヨーグルトの健康パワーについてご紹介しました。個人的にヨーグルトは大好きなので毎日食べるようにしていますが、改めてヨーグルトの力を知ると、今後も継続して摂取していきたい食材だと感じました(*^^*) 皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!