【たけしの家庭の医学】花粉症対策3か条!持ち込まない・排除する・まき散らさない

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症

2018年2月27日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、名医がオススメする花粉症対策3か条が紹介されました。その3か条とは、花粉を持ち込まない・排除する・まき散らさない。辛い症状が劇的に改善する、家庭で徹底すべき対策は必見です。

スポンサーリンク

家庭で徹底したい「花粉症対策3か条」とは?

花粉症対策

花粉症の名医曰く、当たり前の対策を徹底的に行えば花粉症を改善できるとのことです。
例えば、マスクは、より肌との密着度が高い花粉症用マスクを使うなど。

そこで、今回は、辛い症状が劇的に改善する「家庭で徹底したい花粉症対策3か条」を名医が教えてくれましたのでご紹介します。
★徹底して対策することが大切です。

■花粉を持ち込まない

①帰宅したら玄関先ではらう

帰宅したら、花粉を必ず玄関先(ドアの外)でしっかりはらうようにします(家族全員)。
外で浴びた花粉が服に付いているため、家の中に花粉を持ち込まないようにするためです。

②アウターはポリエステル系を着用する

花粉がつきやすい毛足が長いアウター(ウール系など)は避け、表面がさらっとしたポリエステル系のものを着用することで、花粉を家の中に持ち込むのを防げます。

③洗濯物は「部屋干し」もしくは「朝に干す」

洗濯物は、部屋干しか、無理なら午前中の早い時間に干すと良いそうです。
花粉が飛び始めるのは朝であり、山間部から都市部に飛んでくるピークは13~15時頃のためです。

部屋干しができない場合は、花粉の少ない夜に洗濯し、午前9時までに外で干すと良いそうです。





■花粉を排除する

花粉を排除するためには、鼻うがいが効果的とのこと。

やり方は、市販されている生理食塩水・器具を使い、鼻から入れて口から吐き出します。
このとき、「あー」と声を出しながら行うと、生理食塩水が喉に入らずむせるのを防げるそうです。

■花粉をまき散らさない

フローリングは拭き掃除(濡れ雑巾)にし、掃除機は控えめにすると良いそうです。
掃除機の気流によって花粉が舞い上がってしまうためです。

また、空気清浄機をリビングの入り口あたり(人通りが多く風通しの良いところ)に置くことも花粉をまき散らさないポイント。

さらに、加湿器で湿度を約60%に保つのも効果的とのことです。
湿度を約60%に保つことで、花粉の舞い上がりを防ぐだけでなく、鼻や喉の炎症も抑えてくれるそうです。




まとめ

今回は、名医が教える「花粉症対策」についてご紹介しました。今年はスギ花粉の量が昨年より1.5~2倍多いようなので、花粉症の方はより注意が必要です。尚、花粉症の自覚がない人でも皮膚にだけ症状が出る花粉皮膚炎も要注意です。下記記事でも花粉症に関する内容を紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

花粉症に関するその他の記事

2018年2月19日放送「名医のTHE太鼓判」の耳鼻喉まとめて改善SPで、花粉症を予防・改善する『玉ねぎハニー』が紹介されました。名医が実践...
2018年2月24日放送「世界一受けたい授業」で、春に多い肌トラブル&対策法が紹介されました!肌を健康に保つ味噌汁・体操や、女性がなりやすい...
2018年1月16日放送「林修の今でしょ!講座」の『今年の冬私たちを襲う危険ランキング』で、危険度第9位・冬の花粉症がもたらす症状&対策が紹...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!