【あさイチ】耳の老化原因は蝸牛の抜け毛!聴力チェック法、注意すべき騒音など!認知症を防ぐ!

【あさイチ】耳の老化原因は蝸牛の抜け毛!聴力チェック法、注意すべき騒音など!認知症を防ぐ!

★良かったらシェアしてください★

耳

2018年2月26日放送「あさイチ」で、耳の老化の原因・予防対策について紹介されました。自分の聴力をチェックする方法や、加齢性難聴と認知症との関連性、耳の老化を守るために注意すべき騒音など、どれも必見です。

スポンサーリンク

加齢性難聴と認知症との関連性とは?

耳2

アメリカの最新研究で、聴力が45歳~65歳の間で著しく低下すると認知症のリスクが高まることが判明したと言います。

理由は下記2つ。

  • 聴力の低下により耳からの情報が減ることで、脳の記憶を司る部分が委縮してしまうため
  • 会話がおっくうになり他人とのコミュニケーションが減るため、認知症に繋がりやすくなるため

自分でできる聴力チェック法

肌トラブル

下記の単語(頭文字がt・s・k・p・hの単語)を正確に聞き取れるかで、聴力をチェックすることができます。
他の言葉に聞こえた方は、耳が遠くなっているサインかもしれないため要注意です。
  • ペンチ
  • 高菜
  • にしん
  • ボール
  • チヂミ
  • さわら
  • しちじ
  • かとう
  • パック
  • はくしゅ

スポンサーリンク

耳の老化の原因とは?

耳3

耳の老化の原因は、抜け毛。

実は、耳の奥の「蝸牛」と呼ばれたところに生えた毛が聴力に関係しています。

蝸牛とは

音が入ってくると「蝸牛」が揺れ、それにより神経細胞が刺激されて脳に音の信号が送られ、聞こえたと感じます。

「蝸牛」は加齢や騒音、遺伝などで抜けてしまい、一度抜けてしまうと二度と生えきません。

耳の入口付近の「蝸牛」は高音、耳の奥の方の「蝸牛」は低音を担当しており、早めに抜けやすいのは入口付近の「蝸牛」。

そのため、耳が老化すると高音(頭文字がt・s・k・p・hの単語)が聞き取りにくくなります。

耳の老化予防のために注意すべき騒音とは?

耳

耳の老化予防には、「蝸牛」が抜けるのを防ぐことが重要です。

ここでは、抜け毛の原因の1つである「騒音」について注意すべき点が紹介されました。

注意すべき騒音とは

  • 音量が80デシベル以上の騒音(ゲームセンターやパチンコの店内など)
  • 連続して聞く「時間」

つまり、大きい音ほど長時間聞き続けないようにすることが大切です。
例えば・・・・

  • 掃除機(82デシベル)は16時間以上使い続けない
  • 激しいピアノ(85デシベル)は8時間以上聞き続けない
  • ヘッドホン(100デシベル)での音楽は15分以上聞き続けない

などです。

耳の老化を防ぐには?

耳の老化を防ぐには、騒音を長時間聞き続けないことが重要です。

スポンサーリンク

アメリカのガイドラインでは、下記のようなことが定められています。

  • イヤホン・ヘッドフォンを使用する際は、60%のボリューム&1日60分
  • 騒音を聞いたら耳を48時間休ませる

耳栓も有効な対策!

耳栓をすることも、耳の老化を防ぐのに効果的。

番組では、音色を大きく変えずに音量だけ小さくする「ライブ用耳栓」が紹介されました。

ライブ用耳栓をすれば、爆音の環境に長時間いる場合も安心です。

まとめ

今回は、聴力のお役立ち情報についてご紹介しました。

耳は一度悪くなったら元に戻らないと言われているため、聞こえなくなる前の早めの予防が大切です。

耳に悪い騒音をできるだけ避け、聴力悪化・認知症を防ぐよう心がけていきたいですね。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!