【ジョブチューン】ピーナッツで高血圧予防・改善!塩化カリウム・ポリフェノールが効果的!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高血圧1

2018年2月10日放送「ジョブチューン」の冬の病気を予防する最強の食べ物SPで、高血圧を予防・改善する食材が紹介されました!高血圧は、心不全や脳梗塞などに繋がるもの。高血圧性疾患の多い今の時期は必見です。

スポンサーリンク

高血圧とは?

高血圧2

高血圧とは、血液が血管内部にかける圧力が通常の数値を超え高い状態が続くことで、上の血圧が140mmHg以上、または下の血圧が90mmHg以上の人のことを指します。

心不全や脳梗塞など突然死の原因にもなり、日本人の3人に1人、60歳以上の2人に1人が該当すると言います。

自学症状が無いまま命に関わる様々な合併症を引き起こすため、サイレントキラーとも呼ばれているそうです。

高血圧の原因は?

doctor

高血圧の原因は、主に2つあると言います。

1つ目は、塩分の摂り過ぎ。
塩分を摂り過ぎると血液中の塩分濃度が高まるため、薄めようと血液中の水分量が増加します。その結果、血管への圧力が増して血圧が上がるとのことです。

2つ目は、血管の収縮。
飲酒・喫煙・生活習慣の乱れによって血管が狭くなり、その狭い血管を血液が通るため、血管への圧力が増し血圧が上がるとのことです。

気温が低い冬は血管がより収縮しやすくなるため、特に要注意と言います。
屋外・屋内で寒暖差も生まれるため、血圧の急上昇・急降下が起きやすくなります。





高血圧に効果的な成分とは?

高血圧

高血圧に効果的な成分が、2つあると言います。

1つ目は、塩分カリウム。
塩分カリウムは、体内の余分な塩分を外へ出してくれる働きがあるそうです。

2つ目は、ポリフェノール。
ポリフェノールは、血管の収縮を抑え拡張してくれる働きがあるそうです。

高血圧に効果的な食べ物とは?

ピーナッツ

高血圧に効果的な成分である、塩分カリウム・ポリフェノールをどちらも多く含んでいる食べ物です。
それは・・・・・ピーナッツ(1日に食べる目安量は20粒)!!

ただし、バターピーナッツや柿ピーナッツは味付けに塩分が多く使われているため、バター等を用いていない『殻付きのピーナッツ』『素煎り』が良いとのことです。

尚、ピーナッツは赤い薄皮の部分にポリフェノールが多く含まれているため、皮ごと食べるとより効果的とのことです。

食べやすくなる『酢ピーナッツ』のレシピ





酢に含まれる酢酸には、血流を改善し血管を広げる働きがあるため、食べやすくなるだけでなく高血圧により効果的とのことです。

■材料

・ピーナッツ 200g
・酢 300ml
★酢は、醸造酢ならどれでもOKですが、甘味が感じられる「りんご酢」がオススメ

■作り方

①蓋付きの容器に、ピーナッツ・酢を入れ冷蔵庫に入れればOK!!
★半日でも食べられますが、3~5日後が食べ頃とのことです。

まとめ

今回は、高血圧の予防・改善が期待できる食材についてご紹介しました。高血圧は、動脈硬化や脳梗塞などに繋がる危険なもの。また、普段は正常の血圧でも、あることをきっかけに急上昇する「血圧サージ」も非常に危険です。今回紹介された対策法以外にも、下記記事で高血圧を予防・改善する方法をまとめていますので是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

高血圧を予防・改善するための方法

2017年11月21日放送「林修の今でしょ!講座~健康の為に知りたい冬の特別講座」で、高血圧の原因&予防する対策法が紹介されました!必見です...
2018年1月23日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の3つの老化ストップ法で、血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素『亜鉛』が...
2017年11月9日放送「主治医が見つかる診療所」の『血管を柔らかくして、見た目も中身も若返るぞSP』で、血管年齢を若返らせる血管ストレッチ...
2017年10月29日放送「NHKスペシャル 血圧サージが危ない~命を縮める血圧の高波~」で、血圧サージが重大疾病を引き起こすメカニズムと、...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
こちらの記事も読まれています
error: Content is protected !!