【たけしの家庭の医学】慢性硬膜下血腫と認知症との見分け方!早期発見で完治も可能!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月6日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、認知症と間違いやすい病『慢性硬膜下血腫』について紹介されました。早期発見すれば完治も可能な病のため、認知症との見分け方は必見です。

スポンサーリンク

認知症と間違いやすい病とは?

認知症と間違いやすい病について。

病院

実は、アルツハイマー型認知症と非常に症状が似ている病があると言います。
その病とは・・・慢性硬膜下血腫。

脳を守る「硬膜」と「くも膜」の間で出血が起き血液が溜まる病で、出血の原因は、多くの場合頭部の大きな衝撃とのことです。
しかし、高齢者の場合、尻もちなど強くない衝撃でも出血してしまい、慢性硬膜下血腫に繋がることもあると言います。

慢性硬膜下血腫は、数日~数か月かけて血だまりが大きくなり、脳を圧迫して様々な症状を引き起こしますが、早期発見すれば完治することも可能だと言います。





慢性硬膜下血腫と認知症に共通する症状とは?

慢性硬膜下血腫と認知症に共通する症状について。

慢性硬膜下血腫の症状は、アルツハイマー型認知症でも起きる可能性があるため、医師でも見分けることが難しいと言います。

その共通する症状はこちら。

●お金を払えない
●会話の反応が遅くなる
●電話番号を記憶できずかけられない
●ボーっとする時間が長い
●歩くのが遅くなる(ふらつく)

認知症と慢性硬膜下血腫の見分け方とは?

認知症と慢性硬膜下血腫の見分け方について。

慢性硬膜下血腫は、多くの症状がアルツハイマー型認知症と酷似していますが、2つの特徴的な症状が出ると言います。

それは・・・「突然会話の途中で反応がなくなる」「身体の片側が麻痺する」という症状。




アルツハイマー型認知症の場合は、神経細胞が長い年月をかけて破壊されるため徐々に認知機能が低下するのに対し、慢性硬膜下血腫は、出血で脳が圧迫された時を境に急激に認知機能が低下するのが特徴とのことです。

さらに、血だまりは左右どちらか片側にできるため、体の片側にしびれや麻痺が出ることも特徴的な症状とのことです。

しかし、その症状に本人は気付きにくいため、家族が気付いてあげることが大切だと言います。

まとめ

今回は、認知症と間違いやすい慢性硬膜下血腫についてご紹介しました。慢性硬膜下血腫は早期に発見すれば完治も可能とのことなので、特徴的な2つの症状を把握し、家族で注意して見守っていくことが大切です。皆さんも是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!