【たけしの家庭の医学】くるぶし周りマッサージで頻尿改善!即効性も期待できる!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頻尿

2018年2月6日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、頻尿を改善する方法が紹介されました!身体のある部分を押すだけで改善するという、簡単かつ効果的な対策は必見です。

スポンサーリンク

頻尿の定義とは?

頻尿の定義について。

トイレ

頻尿に関するガイドラインによれば、「起きている時に8回以上トイレに行く人」が頻尿と定義されているそうです。
さらに、就寝中に1回でもトイレに立てば、夜間頻尿と診断されるとのことです。

ただし、大量の水分摂取でトイレが近くなるのは頻尿とは言えないそうです。

頻尿の人と、頻尿でない人の膀胱の違いとは?

頻尿の人と、頻尿でない人の膀胱の違いについて。

膀胱

頻尿患者のうち、2割は脳疾患が原因で、残り8割は加齢が原因とのことです。

加齢により頻尿の症状がある人は、膀胱に少量の尿しか溜まっていないのに尿意を感じると言います。

通常は、膀胱に300ml程の尿が溜まれば尿意を感じますが、頻尿の人は、溜まった尿の量がその3分の1程度でも尿意を感じてしまうそうです。





頻尿改善マッサージ法とは?

頻尿改善マッサージ法について。

足の裏

それは・・・くるぶしマッサージ!!


そもそも排尿の仕組みとは、尿が入ると膀胱が膨らんで尿が溜まり、一定量尿が溜まったことを神経が感知すると排尿に繋がります。

しかし、加齢が進むと、膀胱周りの神経が過敏に反応するようになり、尿が少し溜まっただけですぐに尿意を感じるようになると言います。

つまり、神経の誤作動が頻尿の原因なのです。

膀胱周りの神経は足の裏にまで伸びており、特にくるぶし近くの神経は身体の表面近くを通っているため、くるぶし周りをマッサージして刺激を加えることで、膀胱周りの神経の誤作動を抑えられる可能性があるとのことです。

■くるぶし周りマッサージのやり方

欧米で実際に行われている頻尿治療法に基づき、名医が考案した方法です。

三陰交

①くるぶしから指4本分上にある骨の、すぐ脇にある「三陰交」と呼ばれるツボを、やや強めに1分押します。
★三陰交は、押すと若干傷みを感じます。

②朝・昼・夜の1日3回行えばOKです。
★神経を直接刺激するので、頻尿改善だけでなく即効性も期待できるそうです。




まとめ

今回は、頻尿改善方法についてご紹介しました。頻尿は、なかなか周りに相談できず一人で悩むので辛いですよね。今回のくるぶしマッサージ以外にも、下記で頻尿予防・改善法をご紹介していますので是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

あなたにオススメする記事

2017年12月12日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで、頻尿の予防法&解消法が紹介されました。頻尿の陰に潜む...
2017年12月7日放送「主治医が見つかる診療所」の『おしっこトラブル スッキリ改善SP』で、尿漏れや頻尿の対策方法が紹介されました。おしっ...
2017年11月13日放送「あさイチ」で、『女性ホルモンの減少』と更年期症状との関連性や、対策について紹介されました。不眠やめまいなどの更年...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!