【世界一受けたい授業】インフルエンザ予防法BEST5&かかったら最初にやることBEST3!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザ

2018年1月27日放送「世界一受けたい授業」で、インフルエンザの効果的な予防法BEST5と、インフルエンザにかかった時病院へ行く前にまずやることBEST3を、名医が伝授!今年流行の殺人インフルエンザを予防するためにも、必見です。

スポンサーリンク

インフルエンザの効果的な予防法BEST5

第5位:加湿

加湿器

インフルエンザウイルスは湿度が高いと弱るため、加湿が大切と言います。
また、鼻や喉の粘膜を正常に保つことにより、ウイルスの侵入を防ぐことができるそうです。

理想の湿度は、50~60%!!
室内にいる時は、加湿器などで湿度調整に心がけることが大切です。

第4位:予防注射(ワクチン)をうつ

ワクチン

感染予防はワクチンだけでは困難と思われているものの、重症化予防は期待できるとのこと。
特に、ワクチンの高齢者に対する効果として、発症リスクは約45%、死亡リスクは約80%防ぐという研究結果があるそうです。

尚、医師自身も、88%が予防注射をうっているとのことです(回答数1007人)。

第3位:睡眠・休養をとる

睡眠

睡眠不足は、免疫低下を招きます。
ウイルスを退治するのに欠かせない血液中のリンパ球は、感染した細胞を攻撃してくれる働きがありますが、睡眠・休養などリラックスをしているときに力が高まると言います。

つまり、質の良い睡眠が、免疫力アップに繋がるのです。





第2位:人混みにいかない

人混み

インフルエンザウイルスは飛沫感染のため、人混みは避けた方が良いとのことです。
例えば、1回のくしゃみで、10万個のウイルスが約2m飛び散るそうです。

ウイルスを飛散させない正しいくしゃみの仕方は、そでで鼻と口を押えること。
手で口を覆うと、手にウイルスが付着し病原体を広げる可能性があると言います。

第1位:手洗い

手洗い

ウイルスは、手や指から感染する可能性が高く、こまめな手洗いが有効とのことです。
特に効果的な手洗い方法は、「短短い洗い」。

■効果的な手洗い「短短洗い」のやり方

①ハンドソープを手にとり、手全体・手首を10秒もみ洗いし、水で15秒すすぎます。

②もう一度①を繰り返し、計2回洗います。
★この洗い方により、30秒もみ洗いして15秒すすぐ洗い方よりも、ウイルスが100分の1に減少するとのことです。

インフルエンザにかかった時、最初にやるべきことBEST3

第1位:マスク

やはり、感染を広げないことが1番大事。
気を付けるべきは、マスクを外す時にフィルター部分を触らないこと。

フィルターに付着したウイルスが手につくことで、感染を広げる可能性があるとのことです。

第2位:安静・休養

インフルエンザ2

病院に早くかかりすぎても、ウイルスの量が体内で十分に増えていないため検査で陽性が出ない可能性があると言います。

病院に行く目安は、熱が出だしてから12~48時間の間とのことです。





第3位:隔離

自分の部屋で隔離されている状態にすることで、周りと触れずウイルス拡散を防げるとのことです。

まとめ

今回は、名医がオススメするインフルエンザの最も効果的な予防法についてご紹介しました。寒波&インフルエンザ流行のWパンチの今、ワクチン不足も重なって、今年はより注意が必要です。下記記事でもインフルエンザ予防法を掲載していますので、是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

あなたにオススメする記事

2018年1月16日放送「林修の今でしょ!講座」の『今年の冬私たちを襲う危険ランキング』で、危険度第1位・インフルエンザの予防法や、インフル...
2017年11月2日放送「ヒルナンデス!」で、きのこの健康パワーについて紹介されました!インフルエンザ対策など健康維持に効果のあるきのこの力...
2018年1月16日放送「林修の今でしょ!講座」の『今年の冬私たちを襲う危険ランキング』で、危険度第2位・ノロウイルスの症状&対策法が紹介さ...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!