【たけしの家庭の医学】卵、粉チーズで動脈硬化予防・改善!亜鉛は血管老化防止の最重要栄養素!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
認知症

2018年1月23日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の3つの老化ストップ法で、血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素『亜鉛』が紹介されました!動脈硬化を予防・改善するその栄養素をたっぷり含んだ食材は必見です。

スポンサーリンク

動脈硬化とは?

動脈硬化について。

血管破裂

健康な血管は、弾力性が保たれており柔らかくしなるのが特徴で、血液の圧力に耐えられます。
この柔らかさこそ、血管の若さの象徴だと言います。

しかし、動脈硬化の血管は弾力性がなくなるため、血液の圧力に耐えられず破裂してしまいます。
これこそが、血管の老化。

老化し硬くなった血管は、一瞬の血圧の上昇であっけなく破れ、脳出血や大動脈の破裂など命にかかわる重篤な病に繋がる可能性があるのです。

血管の老化を防ぐ「最重要栄養素」とは?

血管の老化を防ぐ「最重要栄養素」について。

食材

それは・・・亜鉛!!

亜鉛は常に体内に存在し、動脈硬化を進める「活性酸素」を除去するのに役立っていますが、ひとたび不足すると、血圧が上昇し動脈硬化が進行するとのこと。

いくら他の栄養素を摂取していても、亜鉛が不足していると、血管が老化することを避けられないと言います。

この栄養素が多く含まれる食材としては、含有量が多い順から、カキ・肉類・ナッツ・かに・チーズが挙げられます。

亜鉛





亜鉛不足を簡単にチェックする方法とは?

亜鉛不足を簡単にチェックする方法が、2通り紹介されました。

■2種類の煮物で検証

検証

この検証は、2種類の煮物(砂糖・塩・醤油をレシピ通りの分量使用したものと、2倍使用したもの)を食べ比べ、美味しいと思う方を選ぶというもの。

これにより、味覚チェックができます。

亜鉛が不足すると、味を感じる細胞が減少するため、濃い味を好む「味覚異常」になるとのこと。
味覚異常が起こると塩分量が増加し、高血圧を引き起こすリスクに繋がります。

■塩水で検証

①コップ1杯の水(約200ml)に、耳かき3杯分の塩(約0.08g)を入れます。

②飲んでみて、塩味を感じたら異常なし。
普通の水と違いが分からない場合は、亜鉛不足による味覚異常の可能性ありとのことです。

取り入れやすい「ちょい足し」亜鉛食材&その効果とは?

亜鉛が豊富に含まれるちょい足し食材を摂取し、1週間で血管がどの程度改善されるかを検証したものです。

尚、1日の理想的な亜鉛摂取量は10mgとのことです。




■ちょい足し食材① 卵

卵黄には亜鉛がたっぷり入っており、含有量は、卵黄約5個あたり亜鉛量4.2mgです。

■ちょい足し食材② 粉チーズ

粉チーズに使われているパルメザンチーズは、チーズの中でも最も亜鉛が豊富な食材。
含有量は、パルメザンチーズ100gあたり亜鉛量7.3mgです。

■ちょい足し食材③ ゴマ

ゴマにも亜鉛がたっぷり含まれており、含有量は、ゴマ100gあたり亜鉛量5.9mgです。

■血管改善効果

1週間亜鉛食材を積極的に取り入れた結果、実年齢60歳の被験者女性は、なんと、血管年齢71歳から49歳へと若返りました!

まとめ

今回は、血管の老化を防ぎ、動脈硬化を予防・改善方法する食べ物についてご紹介しました。血管年齢を若く保つことは、健康維持だけでなく美容にも効果的です。下記記事でも、有用な食材についてまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

血管の老化を防ぎ、動脈硬化・心筋梗塞を予防するその他の食材


2017年11月14日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、心筋梗塞・動脈硬化を予防するビタミンが紹介されました!そのビタミンを豊富...
2017年10月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、血管の老化を止め若返りが期待できる食材『豆腐』・『青魚』の効果&最強レシ...

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
こちらの記事も読まれています
error: Content is protected !!