【たけしの家庭の医学】大豆・運動で筋肉のサシを減らし、つまずき&転倒を予防改善!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
つまずき

2018年1月23日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」の3つの老化ストップ法で、つまずきや転倒の新たな原因『筋肉のサシ』を予防・改善するスーパー食材が紹介されました!足腰の衰えをセルフチェックできる『片足立ち検査』も必見です。

スポンサーリンク

つまずき・転倒の新原因とは?

つまずき・転倒の新原因について。

それは・・・・筋肉の質!!

サシ

筋肉の質の低下とは、ずばり、筋肉の中に白い筋「サシ(脂肪)」が入った状態。
肉の霜降りに見られるようなサシが、人の足でも起きていると言います。

実際、筋肉にサシが多い人は、そうでない人に比べて転倒リスクが約3倍にものぼることが研究結果で分かっているそうです。

筋肉のサシは、高齢者に多いのはもちろん、40代など若年層から始まる可能性もあるとのこと。
体型は関係なく、特に女性は、男性に比べてサシが入りやすいので要注意とのことです。

つまり、筋肉のサシの早期発見こそ、将来の転倒を予防する第一歩なのです。

筋肉のサシの簡単チェック法「片足立ち上がり検査」とは?

筋肉のサシの簡単チェック法「片足立ち上がり検査」について。

検証方法

①椅子に浅く座り、胸の前で両腕を組みます。

②チェックする方の足を少し後方に引き、残った足を前に出します。




③反動を使わず、片足の力だけで立ち上がり、3秒間キープします。
★立ち上がれなかったり、3秒間体勢を維持できない場合は、筋肉にサシが入っている可能性があるそうです。

筋肉のサシを減らす改善法とは?

筋肉のサシを減らす改善法について、2通り紹介されました。

■有酸素運動+筋トレ

筋肉のサシは、加齢や運動不足により筋繊維が細くなり、隙間に脂肪が入り込んだ状態。
この溜まった脂肪が悪影響を及ぼし、その結果転倒リスクが高くなってしまうと言います。

そのため、脂肪を燃焼させる有酸素運動(ウォーキングなど)が大切とのこと。
さらに、筋肉を太くする筋トレも大事とのことです

■スーパー食材「大豆」の摂取





大豆は、筋肉の成長を促すホルモンを刺激し、細くなった筋繊維の隙間を減らす可能性があることが、最新研究で判明したと言います。

まとめ

今回は、つまずき・転倒を引き起こす新たな原因「筋肉のサシ」と、その予防・改善方法についてご紹介しました。つまずきや転倒は大きな怪我に繋がる可能性があるので、足腰を丈夫にしてリスクを減らしたいですよね。皆さんも是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

つまずき・転倒の、その他の予防改善法


2017年10月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、つまずきの「新原因」&「防止体操」&簡単チェック法「壁テスト」が紹介され...
2017年10月21日放送「世界一受けたい授業 日本のウソ解明SP!!最近わかった15の誤解」で、理学療法士・田中尚喜さんが教える『長生きを...

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!