【サタデープラス】弱火調理「ごちそう寄せ鍋」のレシピ!水島弘史シェフが伝授!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍋

2018年1月6日放送「サタデープラス」の弱火調理術SPで、正月に余った食材で作る『究極の寄せ鍋』のレシピを料理研究家・水島弘史シェフが伝授。小島瑠璃子さんが挑戦します。弱火調理術を使った絶品アレンジレシピは必見です!!

スポンサーリンク

弱火調理術SP!正月の余った食材で絶品料理に!

今回は、お正月明けにぴったりの『劇的!弱火調理スペシャル』です!!

「弱火が料理を美味しくする!」と提唱する注目の料理研究家・水島弘史シェフが、お正月に余った食材を料亭の味に変身させるアレンジレシピを教えてくれました。

小島瑠璃子さんが弟子入りして学びます。

弱火調理術を使った絶品レシピを、早速ご紹介します。

『ごちそう寄せ鍋』のレシピ

鍋

<ポイント>
●具材は2回に分けて入れ旨味と食感をキープ
●出汁をこすことですっきり寄せ鍋に

【材料】

※3人分

・ブリ 200g
・鶏もも肉 200g
・有頭エビ 2尾
・白菜 100g
・椎茸 4枚
・人参 50g
・ネギ 100g
・春菊 100g
・水菜 100g
・塩 出汁の重さの0.8%
・水 適量

<味変タレ>
・醤油 15g
・オリーブオイル 20g
・ハチミツ 15g
・レモン汁 20g
・黒コショウ 1g

【作り方】

①ブリ・鶏肉・白菜・ネギ・春菊・水菜は食べやすい大きさに切ります。
椎茸は傘に切り込みを入れ、人参はスライス切りにします。

②鶏肉・エビ・ブリを土鍋の半分に、水菜・春菊をもう半分に入れたら、水をたっぷり鍋に注ぎます。

③弱火にかけて約1分経ったら、水菜・春菊を取り出します。

④弱火で約3分煮たら、残りの具材を取り出します。




⑤残った出汁を一度こしたら、塩を加え、中火にかけて沸騰させます。

⑥沸騰したら、人参・ネギ・白菜・椎茸を鍋に加え、そのまま中火で煮立たせます。

⑦煮立ったら弱火にし、取り出した具材を鍋に戻し入れ、蓋をして約3分ひと煮立させたら完成です!!
★味変タレの材料を混ぜ合わせ、かけて食べるとまた違った味わいが楽しめます。

まとめ

今回は、水島シェフの弱火調理術をご紹介しました。手間と時間はかかりますが、弱火調理って凄いですね(*^^*) 早速日々の料理に取り入れていきたいと思います。皆さんも是非参考にしてみてくださいね。
グルメ一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!