【たけしの家庭の医学】コグニサイズで認知症予防・改善!効果・やり方など!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コグニサイズ

2017年12月26日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、認知症予防&改善に繋がる『簡単コグニサイズ』が紹介されました。認知機能の改善に役立つ名医が教える認知症対策は必見です。

投稿冒頭用画像

スポンサーリンク

名医が薦める、2大認知症予防&改善法!

今回は、名医が薦める『2大認知機能改善法』が紹介されました。
是非参考にしてみてくださいね。

物忘れ予防の最新法とは?

物忘れ予防の最新法について。

それは・・・コグニサイズ!!

コグニサイズ2

コグニサイズとは、今大注目の「もの忘れ予防エクササイズ」のこと。

国立長寿医療研究センターが開発したもので、頭を使いながら様々な運動を行うことで認知機能の低下を予防する効果があるそうです。

コグニサイズ実践者の認知機能は?

コグニサイズ実践者の認知機能について。

検証方法は・・・100引く7暗算!!

実際に医療現場で行われているテストで、100から7を引いていき、引き切れなくなるまで行うというもの。
認知機能が衰えていると、スムーズに計算できず最後までいかないと言います。

このテストをコグニサイズ実践者の方に行って頂いたところ、7名全員つかえることがなく引き算できたことが分かりました。





コグニサイズのやり方

コグニサイズのやり方について。

コグニサイズ

はしごの形をしたロープを床に敷き、素早いステップで前に進むという「ラダー」運動を行います。

ラダーの基本ルールは、1マスにつき必ず4歩のステップを踏むということ。
1~8歩を1セットとし、繰り返し行います。

基本ルールを念頭におき、「2」「4」と指定されたら、2歩目・4歩目はマスの外にステップを踏まなければいけません。

ラダー

「1」「4」「5」「8」と指定されたら、1歩目・4歩目・5歩目・8歩目はマスの外にステップを踏まなければいけません。

コグニサイズの効果

コグニサイズの効果について。

脳

有酸素運動と頭を使う活動を同時に行うことで、脳の血流がよりアップし、脳の神経ネットワークが活性化する可能性が期待できるそうです。

実際、ウォーキングや計算問題を行っている時よりも、脳の広範囲で血流が増加していることが確認できています。





家庭でできるコグニサイズのやり方

家庭でできるコグニサイズのやり方について。

①ボールペンを2本用意し、床に足幅より広めに置きます(はしごのマス代わり)。

②2本のボールペンの内側を1マスとし、マスの中でステップを行います。
★右足からステップします。
★身体を大きく動かすのがポイント!

③ステップに慣れたら、「2歩目」・「5歩目」の足をマスの外に出すようにステップします。
★カウントは、1~8を繰り返します。

④次は、「3歩目」・「6歩目」の足をマスの外に出すようにステップし、「5歩目」で手を叩きます。
★間違えても考えながらやることで脳が活性化するそうです。
★自分で面白いパターンを考えて行うのも効果的とのことです。




まとめ

今回は、認知症予防&改善法をご紹介しました。認知症は早めの対策が必要です。今回の対策法以外にも下記記事でまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

あなたにオススメする記事


2017年12月14日放送「主治医が見つかる診療所」の『ご当地ちょい足し食材!血圧血管改善&美肌になろうSP』で、オメガ3がたっぷり入った血...
2017年10月19日放送「主治医が見つかる診療所 名医の脳育法SP」で、認知症を完全に回避する秘訣を名医が伝授!!何歳からでも効果があり、...
2017年11月10日放送「明日も晴れ!人生レシピ」で、認知症予防法について紹介されました。認知症の早期発見ポイントや、予防・改善に繋がる運...

スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
error: Content is protected !!