【林修の今でしょ講座】最新かぜ予防検定!予防法7問&対策法5問と全回答!

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かぜ予防

2017年11月21日放送「林修の今でしょ!講座~健康の為に知りたい冬の特別講座」で、かぜ予防検定が紹介されました!名医が普段やっている風邪予防法&対処法は必見です。

投稿冒頭用画像

スポンサーリンク

名医が実践している、風邪予防法&対処法!

今回は、『健康の為に知りたい冬の特別講座』!!

その中で、医者が普段やっている風邪対策をクイズ形式で学ぶ「かぜ予防検定」が紹介されました。

早速ご紹介します!!

名医が行っているかぜ予防法TOP7

第1問:朝●●ヨーグルトを食べる(第7位)

答え:朝ホットヨーグルトを食べる

ヨーグルト

腸内環境が悪化すると、免疫力が低下しかぜをひきやすくなるとのこと。
そのため、乳酸菌が豊富なヨーグルトを摂って腸内環境を整えることが大切と言います。

さらに、温めることでと乳酸菌が活性化し、その結果、善玉金が増加して免疫力がアップするそうです。

また、体温の低い朝にホットヨーグルトを食べるとより効果的とのことです。
★かぜ予防には体温を上げることが大事!!

 

【ホットヨーグルトの作り方】

ヨーグルトを電子レンジ600Wで30~40秒で温めると、適切な温度35~40度になるそうです。

【腸内を元気にする、お風呂で行う腸の「の」の字マッサージ】

腸マッサージ

おへそからスタートして、「の」の字を描くように時計周りにマッサージすればOKです。

第2問:洗濯物は●●で干す(第6位)

答え:洗濯物は部屋で干す

部屋干し

部屋の湿度が40%以上だとウイルスが水分の重みで落下し、空気中に浮遊するウイルスの量が減ると言います。
そのため、濡れた洗濯物を部屋に干すと水分で加湿され、ウイルスが落下し撃退できるそうです。

尚、加湿器でもOKですが、置く場所は「高い場所」にするのが重要!!
顔の高さに置くと、湿度が部屋全体にいきわたるそうです。

さらに、口の中を乾燥させない(口呼吸しない)のも風邪予防に大切とのこと。
口呼吸をすると菌やウイルスが直接体の中に入りやすくなり風邪をひきやすいそうです。

そこで、口呼吸を鼻呼吸に改善する「あいうべ体操」が紹介されました。
これは、舌の筋肉を鍛えて舌の位置を正しい位置に保ち鼻呼吸に改善するものです。

【あいうべ体操のやり方】

①「あ・い・う・べ」と発声しながら口を大きく開き、「べ」では舌を出します。
1日30回、毎日行うと良いそうです。

第3問:朝起きたらすぐ●●する(第5位)

答え:朝起きたらすぐ歯磨きする

歯磨き

口の中は、危険なウイルスが夜に増殖するため、朝1番に歯磨きすることで口の中を清潔に保てると言います。
時間が無い場合は、マウスウォッシュでうがいをするのも効果的とのことです。

尚、温かい物を飲んで胃の中に流し込んでしまうのも良いそうです。
★ウイルスは胃の中では働かないとのこと。





第4問:寝る時に●●する(第4位)

答え:寝る時にマスクする

寝ている間に口が乾燥すると粘膜がダメージを受けるため、マスクをすることで保温&保湿効果が期待できるそうです。

尚、マスクが苦手な人は、部屋の湿度を60%(6畳の広さの場合、濡れタオル1枚干す)に保つと良いそうです。

第5問:●●を食べる(第3位)

答え:豚の生姜焼きを食べる

生姜は体温を上げてくれ、豚肉の「ビタミンB1」は免疫力を維持する働きがあるため、相乗効果で風邪予防に効果的と言います。

尚、梅干しも良いとのこと。
梅干しは、体内のウイルスの増殖を抑制してくれるそうです。

【梅入り唐揚げのレシピ】
酸っぱさが苦手な人でも食べられるレシピです。

★材料・・・鶏もも肉大1枚(300g)、梅干し1個
★作り方・・・ベースト状にした梅を肉に絡ませ、油で揚げるだけでOKです!!

第6問:●●でうがいする(第2位)

答え:緑茶でうがいする

緑茶の「カテキン」は、ウイルスの増殖・活性化を防ぐ効果があるそうです。
さらに、熱いお湯の方がカテキン量が増えるため、熱い湯でお茶を淹れ、冷ましてからうがいすると良いそうです。

うがいは20分に1回するのが効果的とのことですが、5~10分おきに緑茶を飲んでも良いとのことです。

尚、塩水(100gの水に対し1gの塩を入れる)で鼻うがいも行うと、より効果的とのことです。

第7問:帰宅後、手だけでなく●●も洗う(第1位)

答え:帰宅後、手だけでなく顔も洗う

手のウイルスが顏に移っている可能性があるため、手洗いだけでは不十分とのことです。





名医が行っているかぜ対策法TOP5

第8問:●●バナナを食べる(第5位)

答え:温めたバナナを食べる

バナナに含まれる「ファイトケミカル」は温めると免疫機能をアップさせてくれるため、風邪が本格化する前にたて直すことができるそうです。

【ホットバナナの作り方】

バナナの皮をむき、電子レンジ600Wで30~40秒温めればOKです!!
★ホットヨーグルトと合わせて食べればより効果的とのことです。

第9問:●●ながらお風呂に入る(第4位)

答え:ハッカ飴をなめながらながらお風呂に入る

お風呂の湯気を吸うことでのどの乾燥を防げるため、お風呂から出た後にすぐ寝れば、風邪の引き始めに効果的とのことです。
★タオルをかけて寝ると、汗をかいても大丈夫とのこと。

尚、ハッカ飴は炎症をとる作用があるため、鼻水やせきに悩む人には特にオススメとのことです。

また、体温を上げて風邪を早く治すヨガ(指ヨガ・ラクダのポーズ)も紹介されました。

【指ヨガ】

①両手を合わせ、指を広げます。このとき、指先だけ揺れるように合わせます。

②親指から小指まで順番に、指だけ押し合います。このとき、1つの指あたり、呼吸を鼻でゆっくり大きく3回行います。

③最後に全ての指で同時に押し合えばOKです!!
★寝ながらでも良いとのことです。

【ラクダのポーズ】

ラクダのポーズ

①ヒザ立ちになり、つま先まで両足を平行にします。

②両手は骨盤の位置に置き、息を吐きながら上体を反らします。
(可能なら、あごを上げて天井を見る)

③肘を締めながら、ゆっくり鼻で3回呼吸します。
★立った状態や座った状態でも良いとのことです。





第10問:おかゆに●●ネギを入れて食べる(第3位)

答え:おかゆに青ネギを入れて食べる

ネギの青い部分に含まれる「アリシン」には強い殺菌効果があるそうです。

第11問:自分の●●に合わせて漢方薬を飲む(第2位)

答え:自分の体格に合わせて漢方薬を飲む

漢方は4種類あり、それぞれ合う体格があるそうです。

●麻黄湯(27番)・・・がっちり体型
●葛根湯(1番)・・・中肉中背~ちょいがっちり体型
●麻黄附子細辛湯(127番)・・・華奢な体型
●桂枝湯(45番)・・・お年寄り

悩んだ時は、葛根湯を選ぶか、桂枝湯から始めると良いそうです。
飲むタイミングは食前・食後にこだわらず、風邪の引き始めにすぐに飲むことが大切とのことです。

第12問:かぜの引き始めは、20分●●(第1位)

答え:かぜの引き始めは、20分ウォーキングする

体温が上昇し免疫細胞が活性化するため、かぜのウイルスを撃退してくれるそうです。
自分のペースで疲れないように20分間歩けば良いそうです。




まとめ

これから寒い季節になってくるので、風邪予防は必須ですね。下記記事でも、体温を上げて病気を予防する方法を紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。
健康一覧 生活&雑貨&グルメ一覧 TOPページへ

オススメ記事

2017年11月4日放送「世界一受けたい授業」で、体温を上げる方法が紹介されました。低体温になると病気のリスクが上がるため、健康な体でいるた...
スポンサーリンク

★良かったらシェアしてください★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらから♪

こちらの記事も読まれています
こちらの記事も読まれています
error: Content is protected !!