【ソレダメ】栄養を捨てない調理法・切り方!人参・ゴボウ・ブロッコリー・ピーマン・ニラ

★良かったらシェアしてください★

栄養をステナイ切り方

2017年11月15日放送「ソレダメ」で、話題の『栄養を捨てない調理法』が紹介されました!栄養を効果的に取れる野菜の切り方は必見です♪

スポンサーリンク

栄養を捨てない調理法・切り方!

今回は、今話題の『栄養を捨てない調理法』が紹介されましたよ~!!ヽ(^o^)丿

野菜の切り方ひとつで、栄養を取れるかが大きく変わると言います。

それでは、早速ご紹介します!!

人参の栄養を捨てない切り方

人参の栄養を捨てない切り方について。

それは・・・・乱切り!!

人参には、風邪予防に重要な「βカロテン」が豊富に含まれていますが、部位によって含まれる量が違うと言います。

中心部よりも皮に多く含まれ、さらに皮には「ポリフェノール」も含まれているそうです。
皮の栄養含有量は、中心部の2.5倍も!!

そのため、中心部と皮を一緒に食べられる乱切りがオススメとのこと。

しかし、生で食べると栄養の吸収率は8%にとどまってしまうため、油と一緒に食べると良いそうです。

そこで、オススメ料理は「皮つき人参のオイル煮」!!

作り方は、鍋に人参・オリーブイル・塩を入れ、約20分弱火で煮るだけでOKです。





ゴボウの栄養を捨てない切り方

ゴボウの栄養を捨てない切り方について。

それは・・・・大きく切る!!

ゴボウには、脂肪をたまりにくくする「クロロゲン酸」が豊富に含まれていますが、水に溶けやすい性質のため、ささがきにすると栄養が逃げてしまうそうです。

ピーマンの栄養を捨てない切り方

ピーマンの栄養を捨てない切り方について。

それは・・・・縦切り!!

ピーマンには、風邪予防に効果的な「ビタミンC」・「βカロテン」が豊富に含まれており、その含有量はレモンの3倍もあるそうです。

ピーマンの細胞は縦に並んでいるため、栄養を逃さないためには縦切りにすると良いとのことです。

さらに、ピーマンには血行を良くする効果のある「ピラジン」が含まれており、冷え性改善に繋がるそうです。
「ピラジン」は、ワタと種に豊富に含まれているとのこと。

そこで、オススメ料理は「わた付ピーマンの肉詰め」です!!





ブロッコリーの栄養を捨てない切り方

ブロッコリーの栄養を捨てない切り方について。

それは・・・・切って茹でる!!

ブロッコリーには、肝機能を高め老化防止や美肌などの効果が期待できる「スルフォラファン」が豊富に含まれていますが、「スルフォラファン」は切った後放置している間に作られると言います。

そこで、茹でる前に5分放置すると、栄養を逃さず摂取できるそうです。

ニラの栄養を捨てない切り方

ニラの栄養を捨てない切り方について。

それは・・・・根本をみじん切りにする!!

ニラの根元には、疲労回復に効果のある「アリシン」が豊富に含まれているそうです。
根本を細かく刻むことで酵素が働き、吸収率がUPすると言います。

尚、葉先には「ビタミン」類が豊富に含まれており、こちらはざく切りが良いそうです。

そこで、オススメ料理は「ニラレバ炒め」!!

根元をみじん切りにしたニラとレバーを一緒に食べることで、レバーのビタミンB1の吸収率が10倍になるそうです。




まとめ

同じ野菜を食べるなら、栄養素を効果的に摂取したいですよね!今後は野菜の切り方に注意して調理していきたいと思います(*’▽’) みなさんも是非参考にしてみてくださいね。

オススメ記事

2017年9月4日放送「主治医が見つかる診療所」で、栄養を絶対に無駄にしない『調理法』&『保存法』が紹介されました!レタス・トマト・キノコ・...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!