【ガッテン】黄ばみの解消・予防は、台所洗剤を加えて洗うだけ!原因は皮脂だった!

★良かったらシェアしてください★

黄ばみ2

2017年11月1日放送「ガッテン!」の『あの白さがよみがえる!シャツの黄ばみ一発解消SP』で、服の襟元・袖口の黄ばみを解消する方法が紹介されました!黄ばみを落とすだけでなく予防にもなる『洗い方の裏技』は必見です♪

スポンサーリンク

シャツの黄ばみ一発解消SP!

今回のテーマは、『あの白さがよみがえる!シャツの黄ばみ一発解消SP』!!ヽ(^o^)丿

教えてくれたのは、洗濯研究36年&黄ばみ落としを極めた男・大矢勝先生。

大矢先生

きちんと洗濯しているのに、時間が経つと衣類の襟元・袖口に現れる「黄ばみ」。

とても厄介ですよね。

しかし、この頑固な黄ばみは、” 原因になるもの ”を取り除けばすっきり解消できんです!!

それでは、黄ばみの原因と解消&予防法について、早速ご紹介していきますね。

黄ばみの原因とは?

黄ばみ2

実は、黄ばみの原因は、繊維の奥に残った「皮脂」・「たんぱく質」の酸化。

番組では、200回洗剤で洗っても、皮脂を完全に取り除けないという実験結果が出ました。

皮脂はかなり頑固に繊維にしがみついており、通常の洗濯では完全には落としきれないということが明らかに。

では、クリーニング店では落とせるかというと・・・・・
時間が経過するとやはり黄ばみが出現!!

ドライクリーニング(有機溶剤という油の一種で洗うもの)をすると、皮脂は落とせても、人間の垢(たんぱく質)は落とすことができないんですね。

黄ばみを解消・予防する方法!

黄ばみが取れたシャツ

黄ばみを解消・予防する方法について、2通り紹介されました。

  • クリーニング店に依頼する方法
  • 家庭洗濯で簡単にできる方法

クリーニング店に依頼する方法

クリーニング店で、「ドライクリーニング+水洗い」を依頼すること。

皮脂はドライクリーニング(油を使った洗濯)で、たんぱく質は水洗いで除去することができます。

ただし、順番が肝心です!!

たんぱく質は皮脂の下に隠れているため、まずはドライクリーニングで皮脂を除去してから、水洗いでたんぱく質を除去するのが大事。

この方法でクリーニングを頼めば、3か月は黄ばみません。

家庭洗濯で簡単にできる方法

家庭で簡単に黄ばみを落とす方法は、「台所用洗剤」を加えて洗うこと。

洗濯洗剤は様々な汚れを落とすことが目的であり、台所用洗剤は油汚れを落とすことに特化しています。

スポンサーリンク

洗い方

  1. ボールに、台所用洗剤(濃縮タイプ:大さじ1)・酸素系漂白剤(粉タイプ:大さじ半分)・水(大さじ2)を加えて混ぜ合わせます。
  2. 黄ばんでいる部分に、歯ブラシなどで1を塗りこみます。
  3. 1分程そのまま放置します。
  4. 最後に、洗濯機に入れて、通常通り洗濯洗剤で洗えばOKです!!

3か月に1回、この方法で洗えば黄ばみを防げます。

酸素系漂白剤は、液体より粉末タイプの方が効果が高いですが、ウール・シルク・金属繊維には使えないので注意が必要です。

まとめ

黄ばみって本当に厄介なんですよね。いざ着ようと思ってシャツをタンスから出したら、襟・袖に見事な黄ばみが。。。ひどい時は諦めて捨てていましたwww でも、これからは黄ばみで悩まずに済みそうです!! 皆さんも是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!