【林修の今でしょ講座】筋肉貯金をためる方法!座り方・歩き方・体操・食事など!

★良かったらシェアしてください★

正しい座り方

2017年10月31日放送「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル」で、長生きに繋がる筋肉貯金の方法が紹介されました!歩き方・運動・食べ物など、筋肉を強くする方法はどれも必見です。

スポンサーリンク

長生きをするための『筋肉貯金』の方法!

今回は、「長生き」と「筋肉」の関係を学ぶ特別講座です!!ヽ(^o^)丿

健康長寿1000名を調査した結果、長生きの秘訣は体内の「筋肉」をキープしていると判明。
そこで、筋肉貯金に繋がる歩き方・運動・食べ物・体重など、すぐにマネできる日常生活での筋肉貯金をためる方法が紹介されました!!

下記にまとめますので、是非参考にしてみて下さいね。

筋肉貯金の簡単チェック法

筋肉貯金があるかを簡単にチェックする方法です。

筋肉貯金チェック法

①椅子(高さ40cm程度)に座ります。

②前かがみになり片足に体重をのせ、反動をつけずに片足で立ち上がります。

立ち上がれれば、筋肉貯金がある証拠です!!

筋肉貯金がたまる方法① 毎日タンパク質をとる

筋肉貯金がたまる方法1つ目は、『毎日タンパク質をとる』。

タンパク質

タンパク質は、筋肉の材料になると共に、筋肉の合成を促すもの。
実際、健康長寿の方が毎日食べている物TOP3は、肉・大豆製品・魚でした。

肉・大豆製品・魚以外にタンパク質が多く含まれている食べ物としては、卵・タコ・イカ・エビです。

ちなみに、食事を抜く&一気食いは、血管に大きなダメージを与えるので、お腹が空いていなくても食べた方が良いとのこと。

また、タンパク質とごはん(糖質)を一緒に食べると、筋肉を作る効率が約2倍になるそうです。
ただし、糖質の摂り過ぎには注意!!
肉100gに対し、ごはん160g(1杯分)が目安とのことです。

糖質は吸収が早いほど太りやすいため、野菜から先に食べたり、牛乳を一緒に飲むと吸収をゆるやかにしてくれるそうです。





筋肉貯金がたまる方法② 正しい姿勢の座り方

筋肉貯金がたまる方法2つ目は、『正しい姿勢の座り方』。

1分間正しい姿勢で座ると、腹筋約15回分に相当するそうです。
逆に正しくない座り方をしていると、肩こりや腰痛だけでなく、圧迫骨折の原因に。

正しい座り方

正しい座り方とは、背筋を伸ばし、背もたれや壁に寄りかからないこと。
腹直筋・腹横筋が鍛えられ、体が安定し腰痛予防にもなるそうです。

正しい座り方

①骨盤の中にある坐骨の上に均等に体重を乗せ、真ん中に頭の中心が来るように座ります。

②耳・肩・お腹・坐骨を一直線にすればOKです。
★鼻から息を吸って、一番肺に空気が入る姿勢が正しい姿勢です。

座りながら下半身を鍛える体操

座ったまま楽に下半身を鍛えられるエクササイズです。(美しく歩けて姿勢が保てる)

下半身を鍛える方法

①正しい姿勢で、足は肩幅に開きます。

②上半身を動かさず、足を少し上げます。
★難しい場合は、かかとを上げるだけでもOK

③左右10回ずつ、足を上げます。
★足を上げる時には息を吐きます。
★上半身は動かさず、正しい姿勢をキープすることがポイントです!!

悪い座り方

一方、筋肉貯金が減る悪い座り方ワースト3はこちら。

第3位:頭を肩より前に出して座る
⇒首が曲がるほど首にかかる負荷が増えるため、首・肩の痛みの原因に。

第2位:背もたれに寄りかかる
⇒筋肉をほとんど使わないため、筋肉が衰え背骨に負担がかかり、腰痛の原因に。

第1位:背もたれに寄りかかり、頭を肩より前に出して座る
⇒首・腰の両方を痛める原因に。





筋肉貯金がたまる方法③ 体を柔らかくする

筋肉貯金がたまる方法3つ目は、『体を柔らかくして腰が曲がるのを防ぐ』。

実際、健康長寿の方がよく行う運動3位は、体操でした。
筋肉は加齢とともに硬くなり、そのままにすると猫背や転倒に繋がると言います。

ラジオ体操をする場合は、特に硬くなる背骨周りを動かす(後ろに反る)のがポイントとのことです。

1日3回やれば猫背を防げる体操(ラジオ体操と同効果)

体操

①伸びをします。

②伸びをした状態で、後ろに倒せばOKです。

筋肉貯金がたまる方法④ 水泳

筋肉貯金がたまる方法4つ目は、『水泳で肩こりを防ぐ』。

水泳は、肩周りの筋肉をよく動かすため、筋肉がほぐれるそうです。
実際、健康長寿の方がよく行う運動2位は、水泳でした。

肩こりのなりやすさチェック

肩こりのなりやすさチェック

①肘を横腹につけて、小さく前にならえの形をします。

②肘を体につけたまま、腕をゆっくり広げます。

このとき、腕が体と平行になれば、肩こりになりにくいそうです。

1日1分で肩こりが防げる体操

肩こり解消

①腕を上に伸ばします。

②指の先にあるりんごをとり(イメージ)、後ろに置きます。

③左右交互に行い、左右6回ずつ繰り返せばOKです。

筋肉貯金がたまる方法⑤ 大股で歩く

筋肉貯金がたまる方法5つ目は、『大股で歩くと筋肉が勝手に付く』。

下半身は全身の約70%の筋肉が集中しており、第2の心臓と呼ばれているほど。
特に、ふくらはぎの筋肉が重要と言います。
ふくらはぎの筋肉が弱いと、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞の原因に繋がるそうです。

実際、健康長寿が意識している歩き方TOP3は、大股で歩く・背筋を伸ばす・階段の上り下りでした。
★健康長寿がよく行う運動1位は「歩く」こと。

金育貯金がさらにアップする、正しい大股歩き

正しい歩き方

①普段の、半歩から一歩大股にして歩きます。

②お尻の筋肉で足を押し出すように歩きます。
★このとき、腹筋にも力を入れ、肘は曲げずに後ろに引きます。




まとめ

長生きには、筋肉のキープが必要だったんですね。知っているのと知らないのとでは大きな差が出ると思いますので、今回学べてとても良かったです!! 長生きをするための関連記事についても下記にまとめていますので、是非参考にしてみて下さいね。

オススメ記事

2017年8月8日放送「この差って何ですか?」で、100歳を超えても元気なご長寿にアンケートを実施し、長寿の秘訣を徹底調査!!『健康な体作り...
2017年10月21日放送「世界一受けたい授業 日本のウソ解明SP!!最近わかった15の誤解」で、理学療法士・田中尚喜さんが教える『長生きを...
2017年10月4日放送「ソレダメ!」は、100歳の新常識SP!日本最高齢と思われる体操の先生が、幅広い年代に効果的な『おしりトレーニング』...
2017年9月30日放送「世界一受けたい授業」で、肺炎を防ぎ寿命を延ばす3つの『のど運動』が紹介されました!!肺炎の大部分の要因は、飲み込み...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

『【林修の今でしょ講座】筋肉貯金をためる方法!座り方・歩き方・体操・食事など!』へのコメント

  1. 名前:大矢治子 投稿日:2017/11/02(木) 10:57:57 ID:72f02a72d 返信

    10月31日林修の今でしょ講座の中で筋肉貯金の体操で最初かかとの蹴り上げ次にスクワット次にランじステップとありましたがやり方はわかるのですが回数か分数がわかりませんでした、わかればよろしくお願いいたします。

    • 名前:yukky 投稿日:2017/11/02(木) 11:51:08 ID:e35df8a0b 返信

      大矢様

      ご質問の内容は、番組最後に放映されたAYAさんが教えるトレーニングですね。
      かかとの蹴り上げは1分、スクワットは20秒、ランジステップは20秒になります。
      かかとの蹴り上げは準備運動になるためトレーニングの初めに行い、そのあと、スクワット⇒ランジステップのセットを1日続けて4セット行えばOKです(*^^*)

  2. 名前:上郡清政 投稿日:2017/11/08(水) 13:43:52 ID:d358364dc 返信

    いつも良い情報番組でいいですね。以前放送された猛毒カビ・殺人カビ。カビは湿度60%以下では繁殖できないを逆手に取り、年中室内湿度60%以下の家づくりの取り組んできました。15年間のデータなどの裏付けがきっかけとなり、この度『KKベストセラーズ』様から『病気にならない家 6つのルール』のタイトルで発刊していただきました。家の使い方、家のあり方で、番組で言っておられた病気を防ぐことがあります。原因を減らし自己免疫力を高める家。ぜひ皆様に伝えて上げて欲しいと思いメールさせていただきました。多くの改善・回復・完治した実績があります。住環境アドバイザーの上郡清政。

    • 名前:yukky 投稿日:2017/11/10(金) 10:43:57 ID:2135929e6 返信

      上郡様

      コメントありがとうございます。

      上郡様のブログ、拝見させて頂きました。
      「家で健康を維持する」という概念は私自身今まで無かったため、とても素晴らしい取り組みだと思いました。

      しかしながら、当ブログでは個人様からのオファーによる告知・掲載は対応しておりません為、
      とても有難いお話ではございますがご理解・ご了承頂けましたらと存じます。

      今後とも宜しくお願い致します。

  3. 名前:日々草さくら 投稿日:2018/01/13(土) 12:51:22 ID:935b6bc74 返信

    文字を書くとき、pcに入力するとき、本を読むとき等は正しい姿勢をキープは難しいです。どのように対処すればよいですか?教えてください。

    • 名前:yukky 投稿日:2018/01/13(土) 14:48:57 ID:a8c4867d1 返信

      日々草様

      コメントありがとうございます。

      確かに、正しい座り方(背筋を伸ばし、背もたれや壁に寄りかからない)をキープするのは難しいですよね。
      私も、いつの間にか姿勢が崩れていることが何回もあります。

      ただ、キープするのが難しいからこそ、腹直筋・腹横筋が鍛えられるのだと思います。

      まずは、1分間キープすることから始め、序々に時間を延ばしてみては如何でしょうか?(*^^*)
      大切なことは、「意識的に」正しい姿勢にすることだと思います。

      宜しくお願い致します。

error: Content is protected !!