【NHKスペシャル】血圧サージの予防・対策法!毎日の血圧測定・タオルグリップ法!

★良かったらシェアしてください★

2017年10月29日放送「NHKスペシャル 血圧サージが危ない~命を縮める血圧の高波~」で、血圧サージが重大疾病を引き起こすメカニズムと、予防法・対策法が紹介されました。「短時間の血圧急上昇(サージ)」は血圧が正常な人にも起きるもの。全ての方、必見です!!

スポンサーリンク

血圧サージのメカニズムと、予防・対策法!

今回のテーマは、『血圧サージが危ない~命を縮める血圧の高波~』。
教えてくれるのは、専門家軍団(牛込先生、西澤先生、甲斐先生、苅尾先生)です。

早速ご紹介します。

血圧サージとは?

血圧サージ

【凡例】水色:正常、 紫:高血圧、 オレンジ:血圧サージ

血圧サージとは、「短時間の血圧急上昇」のこと。

血圧が高い状態が続く「高血圧」とは別に、健康診断では「血圧が正常」とされる人の中に、あるタイミングだけ、まるで高波のような血圧の急上昇(サージ)を起こしている人がいることが分かってきたそうです。

気付かないうちにサージが頻発すると、高血圧の人より臓器・血管の老化が進み、脳卒中や心臓病、さらには認知症などのリスクが高くなる可能性があることも判明。

さらに、高血圧の人にサージが起きることもあり、そうなるとリスクは一段と高くなると言います。

リスク値は、下記のように、高血圧の場合は1.42、血圧サージの場合は2.47、高血圧+血圧サージは3.92となっています。

血圧サージのリスク

血圧が135mmHgを超えると「血圧サージ」と判定され、最新研究では、サージのリスクを抱える人は1000万人にも及ぶそうです。

血圧サージの危険度チェック

異常な活動

血圧サージの危険度をチェックするには、朝の血圧値を5日間連続で測定します。

最高135mmHg以上が頻発していたり、5日間の幅が20mmHg以上になっていると、血圧サージの危険性があるとのことです。

また、下記のテストも実施してみてください。
該当する点数の合計が、3点以下はリスク低、4~6点はリスク中、6点以上はリスク高です。

Q1.あなたの年齢は?
65歳未満(0点)  65歳以上(1点)

Q2.あなたのBMIは(BMI:体重(kg)/身長(m)/身長(m))?
25未満(0点) 25以上(1点)

Q3.深夜にトイレに行く?
0回(0点) 1回(1点) 2回以上(2点)

Q4.日中眠くなることは?
あまりない(0点) よくある(1点)

Q5.味の濃いものが好き?
好きではない(0点) 好き(1点) とても好き(2点)

Q6.果物を食べる?
良く食べる(0点) あまり食べない(1点)

Q7.お酒を飲む習慣は?(日本酒の場合、1日1合以上を週4日以上)
ない(0点) ある(1点)

Q8.タバコを吸う?
吸わない(0点) 吸う(1点)

スポンサーリンク

血圧サージと重大疾病に繋がるメカニズムとは?

血圧サージのメカニズムは、交感神経が興奮することで抹消血管が収縮し、血圧上昇に繋がるとのこと。

交感神経が過敏になる要因は、加齢・肥満・塩分・飲酒・喫煙・ストレス。

交感神経が過敏になる要因

加齢や生活習慣などの要因があると交感神経が敏感な状態になり、そこに「引き金」が発生すると血圧サージに。

引き金は、力仕事・会議・医師の診察・怒り・コーヒー・飛び起きる・トイレ(大)・ダッシュ・筋トレ・タバコを吸う・睡眠時無呼吸症候群・冷たい床など様々です。

血圧サージが頻繁に起こると血管が何度も収縮するため、結果的に血管の壁が厚く固くなり、最悪の場合は破裂に繋がると言います。

また、脳の末端の血管が傷ついてしまうことで、その先の細胞に酸素・栄養が届かず、神経細胞が死んでしまい認知症にも繋がると言います。

スポンサーリンク

血圧サージの予防法・対策法とは?

血圧サージを予防・対策するには、要因を解消し、引き金を避けることが大切です。

1つ目の予防法・対策法は、血圧値を測ること。
血圧サージは自覚症状が出ないため、毎日朝晩血圧を測ることで、どのようなことをすると血圧が上がったり下がったりするかを意識することができ、血圧サージ改善に繋がるそうです。

2つ目の予防法・対策法は、握ること。

物を握ると、交感神経のバランスを整えることができるそうです。

タオルグリップ法と言い、握る物はフェイスタオルでOKです!!

タオルグリップ法

やり方は、フェイスタオルを縦に1回・横に2回折って丸めたら、片手で握ります。
このとき、親指と他の指がくっつかない太さになっているのがポイントです。

1回2分を左右2回ずつ、1日おきに4週間継続すると良いそうです。

スポンサーリンク

まとめ

普段は正常の血圧値なので完全に安心していましたが、決して油断できないですね。今回、「血圧サージ」の知識と予防法を学べたので、とても為になりました。毎日血圧を計測するようにします!! 皆さんも健康維持のために、是非参考にしてみて下さいね!!

スポンサーリンク

あなたにオススメする記事

2017年10月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、血管の老化を止め若返りが期待できる食材『豆腐』・『青魚』の効果&最強レシ...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

『【NHKスペシャル】血圧サージの予防・対策法!毎日の血圧測定・タオルグリップ法!』へのコメント

  1. 名前:山口博己 投稿日:2017/11/10(金) 10:25:49 ID:e9d47f7b7 返信

    血圧サージの予防法にタオルグリップ法はよい効果があると言われましたが、「なぜ、隔日なのか?」そのりゆうをご教示ください。

    • 名前:yukky 投稿日:2017/11/10(金) 10:55:38 ID:2135929e6 返信

      山口様

      コメントありがとうございます。

      番組内では「なぜ隔日なのか」について説明はありませんでしたが、
      私の方で調べてみましたところ、「やり過ぎないことが大事」ということでした。

      タオルグリップ法はとても手軽な方法ではありますが、握ることにより血管を収縮させているため、
      やり過ぎは禁物のようです。

      したがって、番組で紹介されていたように、1回2分を左右2回ずつ、1日おきに4週間継続するのが
      良いかと思います。

      宜しくお願い致します。

error: Content is protected !!