【たけしの家庭の医学】便秘対策・解消法の新常識!便秘薬は非刺激性を選ぶなど!

【たけしの家庭の医学】便秘対策・解消法の新常識!便秘薬は非刺激性を選ぶなど!

★良かったらシェアしてください★

便秘

2017年10月24日放送「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で、便秘薬の新常識が紹介されました。便秘薬の間違った使い方や、名医が教える正しい便秘解消法など、便秘対策の新常識は必見です!!

スポンサーリンク

知っておくべき「便秘薬の新常識」を名医が伝授!

今回のテーマは、今知っておくべき「便秘薬の新常識」。
教えてくれたのは、約2万人の大腸を診てきた便秘外来の名医・水上健先生です。

実は、2017年10月に設けられた日本で初めてとなる『便秘治療のためのガイドライン』の中で、やってしまいがちな便秘対策の中に、症状を悪化させ、治りづらくしてしまう危険な落とし穴があるという事実が判明。

使い方を間違えると大変なことになる便秘対策の新常識・・・・・
早速ご紹介します。

便秘対策の落とし穴

やってしまいがちな、便秘対策の落とし穴について。

やってしまいがちな便秘対策

落とし穴に陥ると、大腸が異様な形に変形してしまい、難治性便秘になる可能性があると言います。
病名は、「弛緩性便秘」。

通常は腸管神経が働き、大腸を収縮させることで便の排出をしますが、腸管神経が正常に働かなくなり便が大腸に溜まってしまう病気です。

そんな病気を引き起こしてしまう便秘対策の落とし穴というのは・・・・・「便秘薬の間違った使い方」!!

例えば、腸管神経に直接働きかける「刺激性便秘薬」は、効果が高い一方で、長期連用しないことが前提条件。
自分の判断で毎日服用したり、規定以上の量を服用してしまうと、弛緩性便秘を引き起こしてしまう危険があります。




便秘で悩まないための新常識

便秘で悩まないための新常識3つです。

●週に3回、排便があれば便秘ではない。
必ずしも毎日出ていなくても便秘ではないそうです。
忙しい平日は出ないが、週末に出るという方もいるそうです。

●刺激性の便秘薬の使用は週に2回まで。
週2回程度の使用であれば大腸に問題がないそうです。

●腸に優しい便秘薬がある。
非刺激性の便秘薬は、毎日服用しても量さえ気を付ければ問題ないそうです。
見分けがつかない場合は、薬剤師の方に聞けば教えてくれます。




まとめ

普段当たり前のように使っている便秘薬に、こんな危険な落とし穴があったとは驚きですね。本当は、薬に頼らずに便秘を改善できるのが1番理想ですよね。下記で便秘を解消するストレッチ法や食材をまとめていますので、宜しければ参考にしてみてくださいね。

あなたにオススメする記事

2018年3月24日放送「ジョブチューン」の”TVを観ながら病気の危険度チェックSP”で、悪い便秘・良い便秘のチェック法や、便秘解消に効果絶...



2018年3月18日放送「シューイチ」で、話題の腸トレが紹介されました。教えてくれるのは、『1日3分で美しくやせる!小林式腸トレ』の著者・小...
2017年9月5日放送「ヒルナンデス!」で、今女性に流行りの腸活について、便秘外来専門医が『極意3か条』を教えてくれました。その極意とは、海...
2017年9月11日放送「しゃべくり深イイ  "ストイックな女性は幸せ?”」に、腸内環境のスペシャリスト・小林暁子先生が出演されました。便秘...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
気になる色々の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!